ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【お値段以上🎵】エミレーツのビジネスクラスに乗る30の理由

結論:海外旅行好きなら一度は乗れ

海外旅行好きなら憧れるエミレーツビジネスクラス

A380の二階建てのビジネスクラスはキラキラしていて豪華絢爛です(*´艸`*)

一生に一度は乗ってみたい人が多いのではないでしょうか。

今回はエミレーツビジネスクラスに乗ることのメリットを書いていきます。

お安いチケットをゲットできれば嬉しいことだらけの旅行になること間違いなし!

f:id:eurotravellermay:20190428132238j:plain

 

搭乗前のメリット

①ベンツやBMWなどの高級車でお迎えに来て空港まで送ってくれる。

空港から大体半径70~80キロまで無料で送迎してくれます。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

基本的には送迎車一台につき、乗れるのは二人までです。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

写真はロンドン中心部→ガトウィックまで送ってくれたベンツ。

f:id:eurotravellermay:20190428130854j:plain

 

②勿論優先チェックイン、優先搭乗、ドバイで乗継の場合は優先手荷物検査レーンを使用可能

チェックインカウンターで何十分も待つ必要はありませんし、搭乗開始と共にエコとは違うブリッジから搭乗することができます。

ドバイで乗り継ぐ場合はビジネスクラス以上の客専用の手荷物検査レーンを使えます。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

③預入荷物は40キロまで、機内持込の手荷物は2つまで

そうそうのことがない限り、スーツケースの許容重量を超えることはありません。

安心してお土産を買うことができます。

 

④搭乗前にゴージャス~なビジネスクラスラウンジが使える

ハブ空港のドバイではもちろん、

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

エミレーツは世界中の空港に自社ラウンジを持っています。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

例えエミレーツラウンジがなくても提携航空会社のビジネスラウンジを利用することができます。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

howtogetlostineurope.hatenablog.com 

⑤ドバイではラウンジから直接搭乗できる

ドバイではターミナルの1フロアが丸ごとビジネスクラスラウンジになっています。

そのため、搭乗時にゲートに行って列に並ぶ必要がないんです。

 

機内~降機後のメリット

⑥座席の横に鞄を入れるスペースがある

これが結構便利。

手荷物入れのスペースは意外と厚みがあり、A4くらいの鞄であればあっさり収納できます。

わざわざ席を立って座席上の収納スペースを開閉せずに済むのは楽です。

f:id:eurotravellermay:20190428131528j:plain

ビジネスクラスの後ろにバーラウンジがあってそこで搭乗者と交流ができる

交流できるだけでなく、バーで飲み物を注文したり、サンドイッチなどの軽食をもらったりできます。

座席を立って歩きたい、背筋を伸ばしたいときにぴったりの場所です。

 

⑧何より席が広くて豪華

イメージとして畳一枚分くらいのスペースがあり、そこを占有できると思ってください。 

窓側の座席を指定すれば半個室のようになってプライベート空間で出来上がります。

 

⑨木目調の座席回りが落ち着く

飛行機の座席は航空会社のイメージカラーで配色されていることが多いです。 

エミレーツビジネスクラスの座席回りはそうではなく、木目調です。

これが結構しっくりくるというか、落ち着けます。

 

⑩というか機体自体がエレガント

流石ヨーロッパ製ですね。

ボーイングとは違い、機内全体的に優雅な感じがします。

 

⑪勿論フルフラット、就寝時にはマットレスを敷いてくれる

座席自体がフルフラットになるんだからマットレスなんていらないよ~と言わず、寝るときは是非マットレスを敷いてもらってください。

自宅と同じように、とはいきませんがホテルステイ程度にはぐっすり眠れます。

 

⑫アメニティはブルガリのポーチに入っていて中身はブルガリの香水とか

ブルガリの保湿クリーム、ボディクリーム、香水が入っています。

もちろんポーチもブルガリ

これは結婚式の二次会に持って行けるレベルの質なので、一つ手元にあると何かと便利かも。

アメニティポーチは長距離路線の搭乗1回につき1つくれます。

私は仁川⇔ドバイ⇔リスボンで3つもらいましたが、すでに持っていたため全部人にあげました。

もし要らなくても人にあげると喜ばれますし、メルカリとかで売るのもありですね。

 

⑬食事前に配られるおしぼりが薔薇の香り

これ、他の航空会社ではなかなかないように思います。

熱々のおしぼりから香る薔薇はエミレーツならでは。 

 

⑭お手洗いに生花が挿してあるのがリッチ

こういうところが粋ですよね。 

 

⑮ナッツが温めてあって何気に美味しい

小袋に入っているナッツとは訳が違います。

エミレーツのナッツは温めてあってホクホクでおいしいんです。

ビジネスに乗る度に楽しみなことの一つです。

f:id:eurotravellermay:20190428134526j:plain

 

⑯座席にミニバーが備え付けてあって飲み物に困らない

ただし常温です(;^ω^)

CAさんを呼ばなくても自分で水分補給できるのがいい。

 

⑰長距離路線では2食のフルコースが提供される

ベジタリアン向けの食事や、果物のみ、軽食のみなど、事前にHPやアプリから希望を伝えておけばそれぞれ対応してくれます。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

写真は前菜の一例。

f:id:eurotravellermay:20190428134555j:plain

 

⑱新婚旅行や誕生日などの記念旅行の場合、予め航空会社に伝えておけばケーキを用意してくれる

私はしてもらったことがありませんが、こういう心意気は嬉しいですね。

 

⑲1席で窓3つ分のスペース

窓から景色を見放題です。 

 

A380では1-2-1配列なので窓側を選べばほぼ個室

前述したように、窓側の座席を選べばほぼ個室です。

隣を気にせずゆっくり寛げます。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

㉑画面が特大

ビジネスクラスの座席には20インチはありそうなスクリーンが。

大きな画面でスポーツや映画を見ると楽しいですし、自分が飛行機の中にいることを忘れてしまいそうです。

 

㉒話題の映画を見られる

DVD化、Blu-ray化されていない最新の映画が結構あります。

日本語に対応している映画も多いので、フライト中暇になることはありません。

 

㉓映画、スポーツ、ドキュメンタリーと種類・本数共に多い

他の航空会社に比べて映像の種類・数共に充実しています。

快適なビジネスシートで映画を見始めると「え、もう着陸態勢?」ということが多々(;^ω^)

エンターテイメントの充実はエミレーツの魅力の一つです。

 

㉔CAさんのエキゾチックな制服姿にうっとり(´∀`*)

中東らしい、独特な制服は女性の私から見てもうっとりしてしまいます。 

 

㉕ドバイのA380ビジネスクラスラウンジはターミナルのワンフロアがまるまるラウンジになっているという豪華さで、静かな空間で豪華な食べ物をつまみながら乗継便を待てる

ドバイのターミナル3Aのビジネスラウンジにはケータリングがいくつもあるという豪華さ。

ショッピングモールの1フロアまるまるラウンジ、とイメージすれば分かりやすいですかね。

ビジネスラウンジを歩いて回るだけでも楽しいです。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

㉖ドバイのラウンジで食べることができるバティールのデーツが美味!高級デーツ食べ放題

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

㉗目的地に到着したらホテルや駅までまた高級車で送ってくれる

 

3本のボーディングブリッジが伸びるA380

エコノミー、ビジネス、ファーストと、クラスごとにブリッジが(*^-^*)

f:id:eurotravellermay:20190303173544j:plain

 

ヨーロッパ旅行をするにあたっての全体的なメリット

㉘日本を深夜に出て翌朝ヨーロッパに着き、帰りは昼にヨーロッパを出発し翌日の夜に帰国可能なため、一日も無駄にすることなく旅程を組める。前泊、後泊も不要

これが何気に大事で、渡欧するには成田や関空を午前中またはお昼に出発する便が多く、現地に着くのは同日深夜になります。

そうすると、半日も部屋にいないのに宿を一泊分取らねばならず無駄な旅費がかさみがちに。

空港から市街地まで真夜中に移動するのは結構大変です。

かと言って空港周辺にホテルを取ったところで結構高くつくという(;^ω^)

 

㉙何より一生の思い出になる

エミレーツビジネスクラスでの旅行は忘れ難い素敵な思い出になります。

「あの旅行はよかったね」「飛行機楽しかったね」と、何年経っても言える旅行ってなかなかないですよ。

 

㉚結構マイルが貯まる

エミレーツは勿論、提携航空会社のマイルも結構貯まります。

私がエミレーツで仁川⇔ロンドンをビジネス往復して大韓航空のマイルにつけたら往復で19,000もありましたΣ(・ω・ノ)ノ!

仁川⇔リスボンでは20,500くらい。

今まで貯めたマイルと合わせてヨーロッパの特典航空券をゲットできましたよ(*´▽`*)

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

エミレーツビジネスクラスを安く買うには 

そんなエミレーツビジネスクラスの航空券を安く買うには出発地を仁川にするか、楽天プレミアムカード所有者限定の海外航空券優待ページに行くことです。

または2010年代初頭の超円高の時期を狙う( ^ω^)・・・

 

仁川発なら今年は比較的安くヨーロッパまでの往復航空券を購入できます。

2019年6月現在、8月中の仁川発ロンドンガトウィック行が23万円台フランクフルト行が21万円台パリのシャルルドゴール行が24万円台で出ています。

 

これはA380のビジネスに4回搭乗+空港から(まで)の送迎最大4回=21~24万円をどう捉えるかですね。

空港⇔ソウル市内・ロンドン中心部をタクシーで移動すると1度につき1万円程度かかります。

送迎に合計4万円支払うと仮定するとA380ビジネスクラス1回につき5万円以下で乗れる計算に。

 

  • 豪華な飛行機に毎回8時間以上搭乗
  • 空港送迎最大4回
  • 乗継地のドバイではラウンジ使用

 

これなら仁川までの往復を別途支払ったとしてもそんなに高く感じませんよね(;^ω^)

 30万円弱払う以上の価値は特に海外旅行好きの方にはあると思います。

 

 

外国人彼氏とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com