ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【地方民なら断然仁川】乗継空港にソウルの仁川を使うべき10の理由

結論:地方民なら迷わず仁川を使え

海外旅行で利用する空港と言えば成田や関西ですよね。

しかしそれらの空港を便利に使えるのは関東や関西の都会人だけです。

海外旅行好きの地方民の声はこう。

 

  • 成田も関空も市街地から遠すぎ!
  • 東京や大阪に出るだけでお金かかるのに空港税高すぎ!
  • しかもヨーロッパ行は午前中発ばかりで前泊が必要って面倒臭いんじゃー!

 

地方民にとって成田や関空はハードルが高すぎて敬遠しがちです。

規模が大きいから空港税も無駄に高いし( ^ω^)・・・

 

それなら韓国に行こう 

実はヨーロッパに行くなら成田や関空を経由するより仁川に行く方が利便性が高いんです。

今回はその理由についてまとめたいと思います。

この記事の内容と被る点が多いですが温かい目で読んでください(;^ω^)

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

地方民だって空港への往復と前後泊で余計なお金を使うことなく海外旅行に行きたいんだ!

 

ヨーロッパに行くのに仁川を経由する方がいい理由

①ヨーロッパまでの搭乗時間を分散できる。

仁川発であれば日本より西に移動してからの搭乗なので当然フライト時間は短くなります。

欧州までの長いフライト時間を少しでも短縮できればエコノミー客としては嬉しいですよね。

f:id:eurotravellermay:20191221204237j:plain

 

②ターミナル移動が他のハブ空港に比べて楽。

先日書いた上海浦東空港や成田に比べ、仁川のターミナル移動は分かりやすくて楽です。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

2018年にオープンした第2ターミナルへの移動はこのように案内が随所にあるため迷うことはまずありません。

f:id:eurotravellermay:20191221204322j:plain

 

ターミナルの境目にはこのようなゲートがあります。

操作方法は至って簡単。

搭乗券を持っている場合はバーコード部分をスキャンする、または搭乗予定の便名をゲート前のキーで入力するだけです。

分からなければ空港スタッフに聞いてください。

丁寧に教えてくれます(*^-^*)

f:id:eurotravellermay:20191221205418j:plain

 

③免税店が充実している。

韓国と言えばコスメ☆

日本でも人気のイニスフリーや、

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

クラブクリオ、

howtogetlostineurope.hatenablog.com

belifなど、次のフライトまでにコスメの買い物を楽しんではいかがでしょうか。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

日本未上陸のアーバンデュケイなどがあるのもお勧めする理由の一つ。

パックのセットを仁川で買って旅先で使うのもよさそうですよね(*^-^*)

f:id:eurotravellermay:20191221204403j:plain

 

 

④ゴールドカードやプライオリティパスで入れるラウンジが成田や関西より充実している。

成田や関西、その他日本国内の空港ラウンジと違い、各種ゴールドカードやプライオリティパスで利用できるラウンジが仁川にはたくさんあります。

プライオリティパスの提示で使えるラウンジが第1ターミナルだけで6つコンコース1が1つ第2ターミナルに3つです。

更にゴールドカードカードで利用できるラウンジが2~3

仁川に行くまでの国内の空港でも使えるのでフライト前の時間を優雅に過ごせます。

f:id:eurotravellermay:20191221204508j:plain

 

仁川のラウンジはどこも食べ物が充実していますよ(*^-^*)

 

⑤地方民なら成田に行くより仁川に行く方が安い。

地方空港によっては成田や関空までの飛行機が一日1~2便というところが…

私の地元の空港がまさにそうです。

それよりも仁川行のフライトの方が多い、または同等レベルであれば仁川に飛ぶ方が遥かに楽。

しかも仁川までは多くのLCCが就航しているので成田に飛ぶより安くつくことが多いんです。

f:id:eurotravellermay:20191221204625j:plain

 

⑥前泊・後泊する必要がない。

仁川発ヨーロッパ行は朝から深夜まで複数のフライトがあります。

地方民がヨーロッパに行く場合、東京や大阪に出てそこから更に空港近くのホテルに宿泊してから翌朝空港に向かわなければなりませんよね。

その点、仁川なら地方空港から飛んでその日の内に欧州に乗り継ぐことができます。

前泊・後泊の余計な出費を減らして旅先のお小遣いに回るとWで嬉しい☆

f:id:eurotravellermay:20191221204728j:plain

 

 

⑦トランジットツアーが充実している。

私は利用したことはありませんが、仁川での乗継が3時間以上ある人は無料でトランジットツアーに参加できます。

5~7時間ある人はソウルまで遠出してプチ観光ができます。

寺社仏閣の拝観料などはもちろん有料で自費ですが、無料のバスで連れて行ってくれるのは有難いサービスです。

f:id:eurotravellermay:20191221204903j:plain

 

⑧無料Wi-Fiに簡単に接続できる。

仁川内の無料Wi-Fiに接続するのはとっても簡単!

Wi-Fiをオンにして仁川フリーWi-FiSSIDを探すだけ。

電話番号やメールアドレスの入力は必要ありません。

ただし30分で勝手に接続が切れてしまうのと、人が多いゲート付近では繋がりにくいのが玉に瑕。

無料だからそこは我慢して再接続してください( ^ω^)・・・

SNSのチェックやトークアプリの使用、検索サイトでニュースを読むくらいのことはできます。

f:id:eurotravellermay:20191221205310j:plain

 

 

⑨仁川発の方が日本発より航空券が安い。

最近は韓国の物価が軒並み上がっているので航空券の価格も日本と大差なくなってきていますが、ことビジネスクラスに関しては日本よりかなり安く出ています。

当ブログで何度もお勧めしているエミレーツのヨーロッパ行ビジネスクラスの相場は日本発着だと50万円

仁川発にすると20万円台前半~30万円まで下がります

仁川までの航空券を別に購入したとしても数十万円節約できるということにΣ(´∀`;)

エティハドやカタールも仁川発だとかなり安く購入できてお勧めです。

f:id:eurotravellermay:20191221205644j:plain

 

⑩日本語を話せる従業員が多い。

日本人利用者が多いせいか、仁川の空港スタッフは結構な確率で日本語を話せます。

特に免税店のコスメ売場のお姉さんは高確率で日本語が堪能。

結構難しい日本語までも使って上手に接客してくれます。

f:id:eurotravellermay:20191221210207j:plain

 

まとめ 

今回は『地方民の強い味方!仁川空港を使うといい理由10』をまとめてみました。

建物は新しくてきれいですし、寝そべることができるカウチがあったり、文化体験のスペースがあったりして、次のフライトまでの待ち時間を有効的に使えると思います。

空港税に関しては意外と高くて成田と大差ないということらしいですが、それでも海外旅行好きな地方民にとって仁川はなくてはならない空港だと思います。

来春はアメリカ旅行のため10年振りに成田を使う予定ですが、久し振りすぎて怖いです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

無事にターミナル移動ができるかどうか、今から不安でなりません。

 

 

最近始めた国際恋愛に関するブログも宜しくお願いします。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com