ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【なぜなのか】ゲートで搭乗券を切ってくれないエミレーツ

【結論:エミレーツは搭乗券の半券を切ることに興味がないらしい】

 

 これまでエミレーツについてかなり絶賛してきました。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

A380ビジネスクラスは半個室で素晴らしいです。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

DXBのターミナル3Aのビジネスラウンジの 規模の大きさはすごい。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

空港から80km先まで行ける無料の送迎サービス。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

提携している大韓航空の別切りチケットを通しで出してくれた地上スタッフ。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

マイレージについてはちょっぴりかなり使い勝手が悪いですが、総合的にコスパのいい航空会社です。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

 

ただエミレーツに乗っていて「( ^ω^)・・・?」となることがあります。

それは搭乗券をほぼ切ってくれないこと

上記のKEとEKの別切りチケットを通して出してくれた記事に掲載している搭乗券の写真。

あれは搭乗日に撮ったのではなく日本の自宅で撮ったものなんです。

その証拠に今回は搭乗券の裏面を撮ってみました(;^ω^)

f:id:eurotravellermay:20191201220218j:plain

エミレーツ搭乗券

通常、左側の赤い部分が客の手元に残る半券です

その赤い部分が切り取られているのが3枚、丸々残ったものが4枚( ^ω^)・・・

 

というか、切り取られた搭乗券を見ると『客に渡す半券』の概念が他の航空会社と異なるよう。

普通は小さい方が客の手元に残ります。

エミレーツは逆で、横長の大きい方を客に渡してくれます。

 

搭乗券の表を見るとドバイ発の搭乗券は半券部分が見事に切り取られておらずリスボン発はちゃんと半券が切り取られていました。

と言いつつ3年半前のガトウィック発の搭乗券を発掘したら丸々残っていました(;^ω^)

f:id:eurotravellermay:20191201222254j:plain

ガトウィック発エミレーツ搭乗券

結局、どの空港を出発するかはあまり関係がないようです…

傾向として特にドバイ発の搭乗券を切ることに執着していないということでしょう。

ゲートでピッとして無事に搭乗してくれればそれでいいのか(;^ω^)

 

顧客満足度が高くてサービスもいいエミレーツの、ちょっと不思議な点。

こういうところが適当だけどおもしろくて好きです。