ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【別切りでも安心】KEとEKの搭乗券を通しで出してくれた話

【結論:「乗継時間短いのに仁川でチェックイン&搭乗券発行しないといけないわ~」と思っていたらリスボンでEKのお姉さんがKEの分まで通しで搭乗券を出してくれた。毎回はしてくれないと思うが一応可能なようである】

 

エミレーツのビジネスに安く乗るには仁川経由がいいという記事を以前書いたことがあります。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

ただしこの行程でヨーロッパまで飛ぶには少し面倒なことがあります…

仁川⇔ドバイ⇔ヨーロッパ各都市をエミレーツのビジネスで買うとして、日本⇔仁川を別に購入しなければならないんです。

つまり、別切りの空港のカウンターで再度チェックインする(私の場合は仁川)か、一度スーツケースを受け取った後、その国に入国して航空会社のカウンターで新たにチェックインし直す必要があるということです。

この面倒な作業をクリアできる人でないと仁川発着のエミレーツ便には乗れません(;^ω^)

 

なので私はエミレーツと業務提携している大韓航空で仁川まで飛ぶことが多いです。

理由は、LCCだと台風などの自然災害や機材トラブルで起こる航空会社責任の遅延・欠航で一切保証が効かないから( ^ω^)・・・

そして、提携している航空会社同士なら別切りチケットでもスーツケースを通しで最終目的地までスルーしてもらえるからです。

 

と言いつつ、春にヨーロッパまで飛んだ中国東方航空アエロフロートは同じスカイチームにもかかわらず荷物のスルーができず、別々にチェックインして搭乗券を発券する必要がありました。あのときはとっても面倒臭かったです(;^ω^)

howtogetlostineurope.hatenablog.com

JALANAの直行便で海外に飛ぶ人はきっとこう思うでしょう。

「何でそんな面倒な行程にするのか( ^ω^)・・・?」

そりゃ、マイルを稼ぐためと他のアジア都市発で航空券を安くおさえるためですよ。

 

8月のポルトガル旅行では、行きは大韓もエミレーツも事前にオンラインチェックインを済ませた上で、福岡空港の大韓のカウンターでスーツケースをリスボンまでスルーしてもらい、仁川では搭乗3時間前にゲートに行き、ゲートでEチケットを見せて仁川→ドバイ→リスボンの搭乗券を全て発券してもらいました

このやり方については別の記事にしているので気になったら是非読んでみてください。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

前置きが長くなりました。ここからが本題です。

ポルトガルからの帰りでは、エミレーツのお姉さんが仁川→福岡の搭乗券も発券してくれました

当初「スーツケースをとりあえず福岡までスルーしてもらって、面倒臭いけど仁川の乗継カウンターでチェックインするしかないか…乗継時間100分しかないけど頑張るしかない」と思っていました。

エミレーツはターミナル1の発着、大韓はターミナル2の発着のため、実際問題かなり厳しいのを分かっていたからです。

一応、帰国日に大韓のオンラインチェックインを試みましたがなぜかできず。

 

アプリ「大韓航空のカウンターでチェックインしてください」

 

…できるならそうしたいよ!

でも韓国に入国しないから乗継カウンターじゃなきゃできないよ!

大韓の馬鹿!

 

去年ZAG→AMS→ICN→FUKのときもオンラインチェックインをしようとしたらアプリに同じことを言われました。日本→仁川はオンラインチェックインできるのに逆ができないのはなぜなんだ( ;∀;)

ということで、私は仁川の乗継カウンターでチェックインするつもりで「別切りのKEで福岡まで帰るんだけど荷物をそこまでスルーしてもらえますか?」リスボンエミレーツカウンターで尋ねました。

するとカウンターのお姉さんは5分以上パソコンをカタカタ…なかなか終わりません。

数分かかって出てきたのがこれらの3枚の搭乗券✖3人分。

f:id:eurotravellermay:20190912203206j:plain

①EK DXB→ICN ビジネスクラス

②EK LIS→DXB ビジネスクラス

③KE ICN→FUK エコノミークラス ←笑

 

IATAコードが分からない人はこちらを読んでみてくださいね。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

最終目的地である福岡まで全部発券してくれたよ\(^o^)/

有難うお姉さん\(^o^)/マジ感謝\(^o^)/

 

「Mayはエミレーツロゴ入の立派な紙に大韓航空のエコノミーを印刷させるという荒業を覚えた!」

スーファミRPGのシナリオみたいで素敵(*´艸`*)

 

ちなみに逆(KEのFUK→ICN+EKのICN→DXB→LISの通し搭乗券発行)はできませんでした。

でもやろうと思えばできるってことですよね。

結果として学んだことを最後にまとめてみます。

 

①大韓とエミレーツは提携しているので最終目的地までのスーツケースのスルーが可能。

②別切りでも全てビジネスならプライオリティタグをスーツケースにつけてもらえるが、違うクラスなら無理。ただし、最初に乗る飛行機がビジネスクラスの場合、別切りのチケットがエコノミーでも最終目的地までプライオリティタグをつけてもらえる。

エミレーツ大韓航空の別切りチケットでは搭乗券を通しで出してもらうことが可能(大韓航空エミレーツの場合は不明)。

 

こういう情報はネットにあるようでなかなか出回っていないんじゃないかと思います。

検索流入でもはてなブログからでも、今後誰かの役に立てたらいいな(*^-^*)