ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【フェラガモの長財布が32,000円だったあの頃】ハワイの免税店&路面店でお得に買えるブランド5選

円高が恋しい

2011年2月に、懸賞で当たったハワイ旅行に行きました。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

この旅ではアクティブに動かず、ゆっくりした時間を過ごしました。

 

初日こそは島内ツアーに行きましたが、残りの3日はほぼノープランでした。

アラモアナに行ったり、免税店でコスメを見たり、目的もなくワイキキを散策したり、 ダイヤモンドヘッドに上ったり、ジムで汗を流してみたり…

 

そんなのんびりハワイ旅ではいい買い物がたくさんできたことを覚えています。

10年近く前にもかかわらず、買い物に関してはよく覚えているんですよね。

今回は超円高時代に満喫したハワイでお得にゲットしたものをリストアップします。

f:id:eurotravellermay:20200215224306p:plain

 

アメリカで買える日本人の口にも合うお菓子5選についてはこちらからどうぞ。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

それでは参りましょう。

 

①Salvatore Ferragamo

日本人ってブランド財布が大好きですよね。

大学生の頃にレジ打ちバイトをしていたとき、お客様の財布をよく観察していました笑。

 

 

女性はこの6ブランドで8~9割を占めます。

男性はGUCCIPRADAがほとんど。

 

今はKate SpadeやBottega、Marc Jacobs、Tory Burch、Michael Korsなど比較的新しいブランド財布を持っている人も見かけますがそれは少数で、上記のブランドを持つ人がほとんどでしょう。

 

そういうのを見てきたせいか当時の私は「人と同じものは嫌」と考えるようになりました。

実際、学生時代はJean Paul Gaultierの型押し財布を持っていました。

型押しのキーケースはその頃から使っていていまだ現役です。

15年経っても全然ボロくならないゴルチエすごいわ( ^ω^)・・・

 

話を戻しましょう。

2011年は円高祭真っ最中だったため消費税率が低いハワイは買い物天国でした!

旅行中、アラモアナショッピングセンターのフェラガモでシャンパンゴールドの長財布を発見したときは一目惚れでした。

 

型も色も違いますが、イメージはこんな感じ。

ロゴの蹄を前に倒して財布を開ける仕組みです。

f:id:eurotravellermay:20200215212805p:plain

フェラガモの長財布

 

このお財布は398ドル+消費税(420ドルくらい)でした。

1ドル80円の時代だったから33,600円ですよΣ(・ω・ノ)ノ!

いい買い物したわー。

 

これもゴルチエ同様、全然型崩れしなくて今も現役です。

10年近く経っているにも関わらず古臭い感じも使い倒した感じも全くないという奇跡。

小銭入れの使い勝手が悪いだけで、今も大好きな財布です。

何て言ったって他の人と被らないのがいい!

 

②Diorのアディクト・リップ・マキシマイザー 

 先日の記事でも触れたディオールのマキシマイザー。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

ハワイの免税店では本場ヨーロッパより安く買えました。

当時の価格で27ドルだったと思います。

日本円にして2,000円ちょっと

f:id:eurotravellermay:20200213151848j:plain

ディオールのアディクトリップマキシマイザー

 

ただ注意したいのが、ダニエルイノウエ空港のコスメ店はなぜか免税店ではなく、税金をガッツリ取られるということ。

ワイキキのDFSギャラリアワイキキで買うことをお勧めします。

 

今のレート(110円前後)で計算しても日本の定価で買うより1,000円ほどお安くなります。

成田などの免税店では3,500円くらいですし、マキシマイザーに関しては成田よりハワイの免税店の方が安いということですね。

 

Armani Exchange

北米で主に展開しているアルマーニの低価格ラインであるエクスチェンジ。

日本ではTシャツ一枚7,000~8,000円とか普通にします。

アメリカではそんなに高くなくて20~30ドルとお手頃。 

f:id:eurotravellermay:20200215220614j:plain

アルマーニエクスチェンジ

 

ニットも1万円しないくらい。

私は俳優の追っかけをしていたとき、アメリカ土産としてエクスチェンジをよく買っていました。

実際に着て物販に残っている写真もあります(*^-^*)

f:id:eurotravellermay:20200216003307j:plain

 

彼は今26歳だけどこのときは若くてかわいいな(´∀`*)

17歳かわいい。

 

エクスチェンジは本場だととにかく安い。

カジュアルで低価格だけど高見えするかっこいいラインなのでお勧めです。

このブランドだけは免税店に入っていません…ご注意ください。

 

Marc Jacobs

マークと言えばアメリカのモードなブランド。

本国というだけでも日本より安いのです。

免税店なら尚更!

しかもハワイは他の州に比べて消費税率が格段に低い。

アラモアナで買ってもDFSで買ってもどちらでもお得です。

 

特にお得だと思うのはアゴムと鞄

f:id:eurotravellermay:20200215221242j:plain

マークジェイコブスのヘアゴ

 

私が見たときはキャンバス地の大きなトートバッグが100ドルちょっとでした。

やっすー!

アゴムは20ドルくらいからありましたよ。

ピアスも安いものだと30ドルとか。

アクセサリーや小物は5,000円以下で買えるものが多かったです。

ハワイに行ったらマークは絶対にチェックすべし。

 

言わずと知れたハワイ土産の定番、ホノルルクッキーカンパニー。

オアフ島内だけでも数店舗あります。

免税価格で買えるならDFSで買う方がお得ですよね。

10ドル買えば50セント、50ドル買えば2.50ドル浮きますから。

f:id:eurotravellermay:20200215222751p:plain

ホノルルクッキーカンパニー

 

まとめ

アメリカのブランドにとどまらず、ヨーロッパブランドのものもお得に買えるハワイ。

私のようにノープランでふらつくだけではもったいないと思う人は是非、日本よりお得に買えるブランドを知ってそこを狙い撃ちするのがいいと思います。

時間を無駄にしなくて済みますしね。

 

旅行前の情報収集って大事!

ガイドブックもいいけれど、旅行者目線で情報が書かれている記事を読むのも新しい発見があっていいですよね。

 

 

外国人彼氏とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。

今週は『彼氏がイケボすぎて困る』『結局男は大事な女には奢る』の二本立てです。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com