ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【トンネルの向こうはド田舎でした】アゲダに電車で行ったら道中不安になるくらいド田舎だった

【結論:アヴェイロからアゲダに電車で行くときは不安になるくらいド田舎を走っても心配いらない。ド田舎をすぎるとちゃんと傘祭のアゲダに着く】

 

夏の間、世界中から観光客が訪れるポルトガルの小さな田舎町、アゲダ。

スカイプロジェクトなる傘祭が近年SNSで話題になりましたね。

色とりどりの傘が掲げられたアーケードを見に多くの観光客がアゲダに押し寄せます。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

アゲダに行くにはアヴェイロから在来線に乗るのが一番簡単です。

f:id:eurotravellermay:20191126224916p:plain

ポルトガル地図

 

アヴェイロからアゲダまでは在来線で30分。乗り換えはありません。

f:id:eurotravellermay:20191126224937p:plain

アヴェイロからアゲダまでの地図

 

料金は片道2.15ユーロです。

アヴェイロ駅の有人チケット売場で買うか、

f:id:eurotravellermay:20191126225738j:plain

アヴェイロ駅構内

 

ポルトガル鉄道のアプリCPでクレジット決済し購入画面を車内で鉄道員(乗務員ではない)に見せるという2つの方法があります。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

ただし帰りのアゲダ駅は無人駅で券売機もないので、

f:id:eurotravellermay:20191126231918j:plain

アゲダ駅前

 

CPで事前にチケットを買っている人以外は行きのアヴェイロで往復のチケットを買っておく、または帰りの電車で途中乗り込んでくる鉄道員(乗務員ではない)から現金かカードで直接買うしかありません。

f:id:eurotravellermay:20191126225933j:plain

アゲダ駅構内

 

アヴェイロ駅はコインブラB駅同様、小さくて見えづらい案内画面があります。

これで電車が到着するホームの番号を確認します。

f:id:eurotravellermay:20191126225618j:plain

アヴェイロ駅の案内画面

アヴェイロ駅のホームは全体的にこんな感じ。

f:id:eurotravellermay:20191126230258j:plain

アヴェイロ駅ホーム

 

私がアゲダ行の電車に乗ったのはほぼ端っこのホームでした。1Aとかだったような。

f:id:eurotravellermay:20191126230640j:plain

アゲダ行の電車に乗ったホーム2

 

アヴェイロからアゲダまではこのような行程になります。アゲダ駅まで11駅ですね。

f:id:eurotravellermay:20191126223913p:plain

アヴェイロ駅からアゲダ駅まで

 

アヴェイロ駅を出て数分すると想像を絶するド田舎風景が目に飛び込んできます

電車に乗っている間、それはもう不安になりました。

私は本当にアゲダに向かっているのだろうか…と。

その証拠にアヴェイロ駅を出発してから停車した駅はほとんど無人

そしてこの在来線、発車してから扉を閉めるという適当さ。

しかも一度だけでなく何度も。

 

ドがつくほどの田舎道を20分ほど走るとようやくアゲダに着きます。

前述したようにアゲダ駅は無人駅。

「え、ここ?本当にここ?」

「傘なんて全く見えないけどここ?」

「私、収容所にでも連行されるの?」

という疑念を抱くかもしれないくらい田舎です( ^ω^)・・・

 

疑いつつもアゲダ駅から適当に歩けばその内カラフルな傘が見えてきます。

そこでようやく不安から解消されました(;^ω^)

 

アゲダ行の列車はこのような観光列車もあるようです。

一日一便の限定でしょうか。トロッコ列車みたいで乗客は皆楽しそうでした。

車内では音楽隊が演奏している音が聞こえてきましたよ(*^-^*)

f:id:eurotravellermay:20191126232208j:plain

アゲダ行の観光列車

 

当ブログで何度もお勧めしている夏のアゲダの傘祭。

不安になるくらいのド田舎鉄道旅行も含めてお勧めです。