ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【ホテルに行って泊まるだけ】海外旅行のホテル代は事前支払いにしておくべき7つの理由

【結論:事前支払万歳】

 

これまでに海外旅行の宿についていくつか書いています。

例えばこれ。『ブッキングドットコムが使い易い10の理由』。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

『ブッキングドットコムとOMCカードのタッグは案外強い』。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

『ヨーロッパのアパート選びで気を付けるべき10点』。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

『エアビー、アパート滞在のメリット・デメリット』。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

アパートにしろホテルにしろ、皆さんは海外旅行の宿代をどのように支払をしていますか?

全額現地支払の人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

私はここ数年、専らクレジットカードで事前支払です。

f:id:eurotravellermay:20191024231748j:plain

「キャンセルするかもしれないのにどうして全額支払をするの?」

と思う人、いますよね。今回はその理由をまとめてみます。

 

 

【宿代を全額事前支払にするメリット】

①事前にカードで支払っておけば旅行まで外貨のレートを気にしなくていい。

ドキドキしながら毎日外貨為替をチェックしなくてもいいのは楽ちん☆

今のような1ユーロ120円前後であれば十分円高なので迷わず事前支払していいと思います。

f:id:eurotravellermay:20191024233341j:plain

 

②宿泊当日、チェックインがスムーズに進む。

海外に旅行する時点で荷物がいっぱいなのに、スーツケースや手荷物を見張りながら財布からカードを出して現地で支払をすると時間が余計にかかるんですよね。

支払を済ませていれば名前を書いてパスポートのコピーを取られるだけです。

f:id:eurotravellermay:20191024233258j:plain

 

③宿泊当日、クレジットカードが読み取れないなどという問題がまず起こらない。

クレジットカードって普段少額の買物ばかりしている人が急に10万円とかの大きな額の決済をすると不正利用だと思われてエラーが出ることがあるんです。

日本国内ですが私はこういった経験が結構あります。

今年は3人分の航空券数十万円をネットでカード決済しようと思ったらエラーが出ました(;^ω^)

カード会社のセキュリティに問い合わせて「今から〇〇という航空会社で〇〇万円くらい支払いたいのでセキュリティを外してください」と伝えて何とか支払をすることができました。面倒だった…

 

カードの不正利用対策として海外での利用自体ができなくなっているカードもあります

その場合も事前にカード会社に電話し「〇月〇日~から〇日間イギリス旅行に行くので現地でカードを使えるようにしてください」と設定の変更をお願いする必要があります。

 

これらの理由で当日現地でカードを切れない可能性は誰にでもあります。

それを防止するためにはブッキングドットコムなどの日本向けサイトで支払をしておくことをお勧めします。

f:id:eurotravellermay:20191024233604j:plain

 

④事前支払をしておくとフロントの対応がいい。

これは私が勝手に思っていることですが、宿泊前に支払を済ませておくとフロントの人はよりにこやかです。

まあ仕事が一つ減るんだからあっちからすると確実に楽ですよね。

払っているからバックレられる可能性もないし安心でしょう。

f:id:eurotravellermay:20191024233100j:plain

 

⑤旅行中にクレジットカードの限度額を気にしなくていい。

一人旅なら問題ないですが、複数人数で旅行するとなるとホテル代だけで結構行きますよね。

ハワイなど、宿泊費が高い地域ならより高額になります。

でも事前支払ならば買い物をするときに限度額を心配する必要がありません。

f:id:eurotravellermay:20191024233732j:plain

 

スキミングに遭う確率が減る。

カードを読取機に通す度、スキミングされないか不安になりませんか?

ホテルだろうとお店だろうと、特に海外ではカード情報を読み取られる可能性は日本より高いです。

事前に日本でカード決済しておくことで、スキミングの可能性を少しでも減らすことができます。

f:id:eurotravellermay:20191024232904p:plain

 

⑦「現地支払の場合は現金のみ」という宿で当日現金を用意する必要がない。

 この記事でも書きましたが、

howtogetlostineurope.hatenablog.com

個人経営の小規模のホテルやホステル、アパートでは現地支払自体はOKなものの、カードは使えないという宿が存在します。

私はフランス、リールのアパートでまさにこれに遭遇しました。

カードで支払えばいいや~と軽い気持ちでオーナーに会ったら、手持ちが200ユーロしかないのに「うちは現金のみなのよ~」と言われて慌ててATMに駆け込みました

 

お小遣い+宿代の合計で数百ユーロを財布や貴重品入れに入れて持ち歩くのはやはり危険です。

その点、カードで予め支払を済ませておけばアパートだろうが何だろうが当日チェックインするだけです。 

f:id:eurotravellermay:20191024233900j:plain

 

 

上記の記事にもあるように、事前支払で全額決済していても、数日前であればある程度宿泊費は返ってきます。

アパートやエアビーだとキャンセル料が1~1週間前から発生することが多いですが、全額取られるということはまずありません。

その点、ブッキングドットコムのキャンセル無料プランは重宝します。

前日や2~3日前までのキャンセルなら全額戻ってくることが多いからです。

更にブッキングドットコムはオンラインで簡単にキャンセルできるのが大きなメリット。

国内旅行代理店を介して海外のホテルを予約すると、取り消したいときはまず旅行会社に電話して取消をお願いしなければなりませんからね( ^ω^)・・・

多少高くてもブッキングドットコムのキャンセル無料のプランでぱぱっとカード支払しちゃいましょう☆

ついでにポイント還元率が高いカードで決済してしまえば10万円の利用で5,000円分のポイントゲットだぜ!とかもありますよ( ´∀`)b