ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【覚書】全国旅行支援の前に予約した人は割引を受けられる?

全国旅行支援

10月11日(火)から『全国旅行支援』が開始されます。

旅行好きのみなさんはすでに計画を立てていることと思います。

私も近々県外に連泊する予定です。

 

キャンペーンの割引率はこのようになっています。

 

2年前に実施されていたGO TOは、旅費に対して支援金の割合を決められていました。

そのため、旅費が高ければ高いほど割引を受けられるシステムでした。

 

今回の『全国旅行支援』の割引率は40%、一人一泊あたり5,000円(新幹線や飛行機とのセットプランは8,000円)が上限です。

平日に旅行に行くとクーポン券が3,000円も出るという太っ腹。

 

「平日に旅行なんて行けねーよ!年寄りばっかり優遇するな」

と現役世代から不満が出るのも当然です。

でも土日に人が集中しすぎるのはよくないから仕方ないですね。

実際に平日に動けてお金を使ってくれるのは数千万人いる高齢者ですし。

 

若年層の愚痴はあれど、政府がクーポンを3,000円出す意味は実は大いにあります。

 

たとえば『旅費以外に3,000円が手元に入ってくる』となると人はどうなるでしょう。

普段はお土産を家族にしか買わない人は「職場用にも買うか」となりますよね。

もしくは、旅先でコンビニやファミレスでご飯を食べる人が、足を伸ばして居酒屋とかレストランに行くかもしれない。

 

つまり、クーポンが出たら「せっかくだしもう少しお金を使おう」となる。

これを数百万人~数千万人がすれば、波及効果や経済効果は物凄いことになります。

とりあえず「政府が支援金を出すというなら便乗すればいいじゃない!」というのが個人的な意見です。

 

前置きが長くなりましたが、今回は『全国旅行支援』の前に予約した人は支援の対象になるのか、という覚書です。

 

実施前に予約した人はどうなる?

ここからは『全国旅行支援』の実施前にホテルやセットプランを予約した人に関しての覚書です。

 

まずは楽天トラベルの当該ページを見てみましょう。

travel.rakuten.co.jp

 

急ピッチでページを作っただろうに分かりやすくてすばらしいです。

じゃらんYahoo!トラベル、各旅行代理店のサイトでも同様のページがあると思います。

 

対象者は申請が必要

上記のページの情報をまとめます。

①予約

まずは楽天トラベルを通して自分でホテルやセットプランを予約します。

 

お勧めは、一部の高級宿や温泉宿が5%オフになる0と5が付く日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)に予約をすることです。

楽天でダイヤモンド会員の人は更に割引を受けられます。

 

②対象者にメールが来る

予約した宿やプランが『全国旅行支援』の対象になる人に楽天トラベルからメールが届きます。

期間中に複数回旅行する人、一泊した翌日に違うホテルで更に一泊する人など、ホテルを別々に取っている人は、予約ごとにメールが来るそうです。

 

東京都などはキャンペーンの開始日が遅れるため、全国一斉開始というわけではありません。

したがって、10月11日以降に宿泊する予約であっても対象外になる場合があります。

 

③予約ページで割引を申請

楽天トラベルの場合は個人ページの予約一覧から『割引申請』を押します。

申請は旅行の前日までにする必要があります。

 

まとめ

全国旅行支援前に予約した旅行も対象になる(例外あり)。

が、旅行前日までに自分で申請をする必要がある。

 

それと多分、キャンペーン期間中にホテルでチェックインするとき、ワクチン接種証明か陰性証明の提示を求められる可能性があります。

旅行ではそれらの書類を忘れないようにすることが大事です。