ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【普通に焦った】アムス空港行電車が全線不通になってロシア人親子とタクシーを相乗りした話

【結論:遅延がないからと言ってバスより電車を選んだ私が馬鹿だった。ラウンジに行けなかったし何より乗り遅れていたらどうなっていたことか】

 

スキポール空港嫌い。

となったのは人身事故でアムステルダム中央駅から空港までの電車が不通になったからです。

思い出すと未だに苛々するので箇条書きで記事にしようと思います。

時間に正確な日本でさえ絶対ということはないのだから、もっと適当~なヨーロッパでは色んなカード(手段)を持っていなければなりませんね。ということを改めて実感させられた旅でした。

 

・14時頃ザグレブからアムスに到着。

・入国審査やらで15時頃空港の外に出た。

・バスを使って16時前に国立美術館に到着、夜警とフェルメールを鑑賞。

f:id:eurotravellermay:20190430142915j:plain

・美術館からアムス中央駅までの道のりを1時間かけて歩く。予定通り18時頃に駅に到着。

f:id:eurotravellermay:20190430142959j:plain

・駅ピアノだー!と少しはしゃぐ(実際はそんな場合じゃなかった)。

f:id:eurotravellermay:20190430143023j:plain

・「お釣りが出ないのに4.50ユーロを現金でって…」とキレつつカードでチケットを購入。

・電子掲示板を見てホームに行く→発車しない。

・違うホームの同じ空港行きの電車に乗り込むも「降車してください」のオランダ語アナウンスがあり再びホームへ戻る(オランダ人が「降りるんだって」と教えてくれた)。

・乗る→降ろされるを4回ほど繰り返した後、ようやく英語アナウンスで空港線は全線運休です」( ゚Д゚)ハァ?

・それ最初に英語で言えよおおおおおおおおおおおおおおお!!!!空港行なんだからオランダ人客だけな訳ないだろおおおおおおおおおお( ;∀;)

・乗客が一斉に中央駅を出てタクシー乗場に。その数、数百。

・最初は流しのタクシーしかおらず激しいタクシー争奪戦に。

・次第に無線で在来線全面運休と情報が回り、乗場には多くのタクシーがやってくる。

・空港までの相場は40~50ユーロだが、足元を見た悪質個人タクシーが100ユーロとふっかけてくる。「同行者と2人で200ユーロ払え」って。200ユーロって何事。

・それでも飛行機に乗り遅れたら大変なのでみんな相乗りで乗っていく。

・というかキャッシュレスなヨーロッパで100ユーロを現金で持っている人なんてほぼいないのだが「後日ちゃんと払うから一緒に乗ろう!」とかって声をかけて協力しだす。

・手持ちが60ユーロくらいしかない私呆然。カードで払ってもいいけど100ユーロは流石に嫌。

・来るタクシーを奪われること20~30分、何とか一台の(悪質じゃない)タクシーをつかまえる。

・同行者と2人だけでは40~50ユーロは高いので相乗りできそうな人を探し、近くにいたロシア人父子と相乗りをすることに。この時点で19時30分。飛行機の出発は21時20分

・ロシア人パパ、英語分からない。ちゃんとタクシー代を半分出してくれるか不安になる。

・10歳くらいのロシア人息子が簡単な英語を話せることが判明。ロシア教育万歳。乗車中、訪問目的やどこに住んでいるのかなど、他愛ない話をして不安を紛らわせてみる。

・ロシア人息子、スマホで電車運休の理由をググる

・「空港の近くで人身事故だって」…うん、教えてくれてありがとう。でも今それどうでもいい!

・空港手前で大渋滞。そりゃバスかタクシーしか方法がないんだから当然\(^o^)/

・結局60ユーロ強かかってスキポールに到着。チップを含めて70ユーロ。私と同行者が40ユーロ、ロシア人が30ユーロ払った。私達が多めに払ったことをロシア人パパは分かっていただろうか…

・入国審査を終えてゲートに着いたのは20時40分。ヒエー。

ザグレブで日本までの航空券を発券&荷物を日本までスルーしておいてよかったε-(´∀`*)ホッ

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

 両方していなかったら多分ゲートに着いた時間=搭乗時間、もしくはギリギリ乗り遅れ(;^ω^)

あとで考えたら乗務員も空港到着が遅れていただろうから、ゲートを閉める時間になっても乗客が大勢乗っていない場合は搭乗時間か出発を配慮していただろうなとは思います。いや、お釣りが出ない券売機が駅にあるオランダ(ヨーロッパではよくある)だ、どうだろう…

本当、EUドタバタ出国劇でしたよ( ^ω^)・・・

このときはネットを使えない状況だったので空港までバスという選択肢はありませんでした。

まずバス乗場が分からないし、たとえ乗場を見つけたとしても来るバス全部が満員ギュウギュウだったろうし、タクシーとどっこいどっこいだったのかなと思います。

 

多少の遅延を念頭に置いても空港までの移動はバスかタクシーがいいことをこれで学びました。

道路なら例え事故が発生しても迂回するとか裏道に入るとかできますもんね( ;∀;)

いつも空港には早め早めに着くようにしているのにこのときだけは本当に焦りましたよ。

理由はアムス→仁川→日本まではマイルで交換した航空券だったから

せめて仁川まで帰れば乗り遅れても数万の出費で新しく航空券を買えますが、夏休み繁忙期の欧州線なんてNo Showで乗り過ごしたらどうなることか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

空港→市街地までの電車も運休していた分、中心部に出る人もさぞ大変だったでしょう。

実際に空港を出たところで人がごった返していました(^^;)

それはもうムスカ見ろ、人がゴミのようだ!」と言いそうなほど。

このおかげで空港ラウンジに入れなかったことを今でも後悔しています( ;∀;)