ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【恐ロシくない搭乗記】アエロフロート、PVG⇔SVO B777-300プレミアムエコノミー

結論:起きて映画を見たり本を読んだりするにはいい空間だが、寝るには本当に適さない。更に優先搭乗やラウンジ使用ができないため座席以外はエコと大差なし。エコノミーより安く乗れるなら乗ってもいいかな

2019年3月と4月にアエロフロートのプレエコに乗ってきました。

日本ではつい先日、成田⇔モスクワのプレエコが導入されたばかりですね。

 

アエロのプレエコってどうなん?

エコより少し高めだけどお得感はある?

 

という方の参考になればと思い、今回記事にしようと思います。

相も変わらず長々と綴る気はありません(;^ω^)

旨味と(´ε`;)ウーン…という2点だけを明確に綴ろうと思います。

 

メリット

①座席が広め

座席がエコより広いのは当然だけど、同じシートでもなぜかエールフランスよりマシでした。

新幹線の指定席を思い浮かべてもらえればと思います。

新幹線は1~2時間ならイケるけど、4時間を超えると体が辛くなってくる。

そんな感じです。寝ようと思うと工夫が必要になります。

f:id:eurotravellermay:20190410131854j:plain

 

機内食がビジネス並

前菜、副菜、主菜、デザートがそれぞれ器に入れられて出ます。

搭乗後、すぐにビジネスクラスばりのメニューが配られ、メインは鶏、魚、野菜のリゾットから選べます。

写真は鶏。暗くてごめんなさい( ^ω^)・・・

味付けは濃いめですが美味しかった。

カトラリーはプラスチックでなくちゃんとしたものでした。

f:id:eurotravellermay:20190410130255j:plain

魚。美味しくなかった( ^ω^)・・・

魚臭さが抜けていなくてイマイチ。

f:id:eurotravellermay:20190410130427j:plain

鶏Ver。このメインは美味しかった。

でもパンとケーキは駄目でした(;^ω^)

写真が暗い上に3枚しかなくて申し訳ない…

復路の食事を一回分を撮り忘れるという失態(;^ω^)

成田⇔モスクワでも片道2回食事が出ると思います。

f:id:eurotravellermay:20190410130614j:plain

 

③預入荷物が23kg✖2個に増える

ちなみにエコは1つです。

帰りにお土産などで荷物が増えても大丈夫、というのは気持ちが楽ですよね。

f:id:eurotravellermay:20190410132134j:plain

 

④プレエコ専用のトイレを使える

トイレの列にほとんど並ぶ必要がなくてこれが地味に嬉しい。

トイレには歯ブラシセットがあります。

コーダリーのハンドクリームと保湿クリームもありました。

 

⑤機体の前方に配置されているため比較的早く降機できる

シェレメーチエボでは手荷物とパスポートチェックに数十分かかります。

そのため少しでも早く降機できるとその無駄な時間を省けます。

 

⑥西欧と違って9時間の搭乗時間なのでプレエコでも何とか我慢できる

最終目的地が他の都市の場合、ロンドンやパリまで12時間+乗継で1時間の搭乗よりもモスクワまで9時間+乗継で3時間半とかの方が断然マシです。 

9時間なら食事2回で1時間、映画を2本見てうたた寝すれば低空飛行になりますが、エコやプレエコで10時間を超えるとそこからが本当に辛くなります。

 

⑦スリッパ、アイマスク、毛布、枕がついているので自分で持ち込む必要がない

アイマスク、スリッパだけでも荷物が減るのは嬉しいですよね。

 

⑧ロシア人CAさんが美麗で目の保養になる

冗談じゃなく、ガチです。そしてカッコイイ男性CAさんもいました(*^-^*)

麗しいロシア美人を見ながら空の旅を楽しめるって最高じゃないですか(*´艸`*)

 

 

(´ε`;)ウーン…なところ

①優先チェックイン、優先搭乗がない

これは改善して欲しいところ。

チェックイン時に長蛇の列に並ぶのは本当にうんざり。

これを回避するにはオンラインチェックインの活用が必須です。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

事前にオンラインチェックインを済ませておけば専用のカウンターで荷物を預けるだけです。

 

②空港でラウンジを使えない

プライオリティパスを持っている人はいいですが、そうでない人は待ち時間が苦になります。

他社のプレエコでは使えることがあるのにこれも残念。

ここもアエロが改善すべき点ですね。

 

③座席は広いが眠るには辛い

枕を窓側に押し付けてもたれかかりながら仮眠を取るなら比較的エコより快適かも?という程度です。

ビジネスクラスのフルフラットには到底太刀打ちできませんし、勝てるはずもありません。

ビジネスのよおうな快適さをプレエコに求めるのはお門違いだと知っておくべきですね。

 

④アエロのマイルは150%つくが、スカイチームは100%

普通プレエコに乗ったら125%くらいマイルがつくのに残念すぎる( ;∀;)

 

⑤欧州内は本当に普通のエコ。ビジネスなんてことはない

シェレメーチエボ到着後、乗継便に乗るのであれば日本で事前にオンラインチェックインをしておき前方席や希望の席の指定をササッと済ませておいた方が絶対にいいです。

後方席でヨーロッパ人に囲まれたら降機も送れるし結構辛いですよ(;^ω^)

実際に辛かった話はこちらでどうぞ。

このときは教養のないスペイン女子がうざかったです。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

復路では隣が2m級の巨人(ロシア人バスケットボール選手)で圧迫感がすごかったという奇跡。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

こんな思いをしないためにはせめてオンラインチェックインで事前に好きな席を選ぶべき

 

⑥ネットで取消ができない

詳しくはこちらからどうぞ。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

⑦同じスカイチーム→アエロの乗継でも荷物を最終目的地までスルーできない

国内線で成田まで行く場合もスルーできない可能性がありますのでご注意を。

JALANAならまだしも、LCC→アエロはスルーできるかどうか怪しいです。

一旦成田でスーツケースを取り(外国なら一旦入国してスーツケースを取り)、再度アエロにチェックインする必要があるかもしれないことを頭に入れておいてください。

 

⑧モスクワでの乗継に時間がかかる

モスクワに早朝着であれば乗換審査に30分もかかりません。

が、それ以外の時間帯の乗継はパスポートコントロールと手荷物検査で数十分かかります

ターミナル移動がある場合は更に時間が必要。

乗継には最低でも2時間はあった方がいいです。

 

おまけ 

最後に、これはメリットでもデメリットでもないのですが結構沖止めに遭います

今回4回の搭乗で3回食らいました。何故( ^ω^)・・・?

一度は路面凍結しているモスクワで。

危うくツルッといきそうでした(;^ω^)

ロシア人は凍結している箇所を無意識に判断して避けていくので、ロシア人の後ろを歩けば比較的ツルッと滑らないと思います。

f:id:eurotravellermay:20190410135037j:plain

沖止めは飛行機の写真を間近で撮れるというメリットがある一方、ビジネス客だけを先にバスに乗せるので、他の客は待たなければならずエコやプレエコ客は待ちぼうけです。

待っている間は微妙な雰囲気になってしまいます。

 

まとめ

上記で何度か触れましたが、空港で通常チェックインするよりもネットで事前にチェックインを済ませスーツケースを預けるための専用カウンターに並ぶと時間の節約になります。

アエロもオンラインチェックインを推奨していますので是非ご利用くださいね。

 

アエロの離着陸はどのパイロットも上手でしたよ(*^-^*)

今まで色々な航空会社の飛行機に乗りましたが「スムーズな離着率上位3社」に入ります。

某隣国のフラッグキャリアは着陸時に車輪のバウンドが凄いですがアエロは全然そんなことなくガッシャン!ドンッ!ズドドドドド!という衝撃はありませんでした。

私は今回のプレエコを9万円台半ばで購入しました。

安かったし、総合的にいい買い物だったと思います(*^-^*)

 

 

外国人彼氏とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com