ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【イギリスも遂に開国!】コロナが収まったら行きたいヨーロッパの国リスト

来年は海外旅行を我慢しない 

海外旅行を生きがいとする人にとって2020年は我慢の一年です。

秋以降に旅行者の受入を再開すると言われている国はいくつかあります。

しかし実際問題、日本に帰国時に実施される14日間の隔離(要請)と公共交通機関利用不可(要請)が解除されない限り、旅行として海外に渡航するのは難しい状況です。

 

経済回したいならさっさと開国しろ。

と言いたいけれど、国民の安全が第一ですから仕方ないですね。

ヨーロッパのように感染が収まってきている国からのみ渡航制限を解除する、という措置で当面はいいと個人的には思うの…

 

加筆修正している間にこんなニュースが飛び込んできました。

news.yahoo.co.jp

 

イギリスも開国ー!

 

物流はあるものの外国人の入国はほぼ不可の状況から開国に踏み切ってくれました。

イギリスは油田や天然ガスと言った資源がなく、特筆すべき産業や名産品もない国。

日本同様、外国から観光客を呼び戻してレストランやお店を活性化させないと失業者が増えるばかり…

失業者が増えると納税者・納税額共に減少し、更に失業手当や休業補償で国庫を圧迫することになります。

 

そうすれば国として成り立たなくなる。

コロナと共存しながら経済を再開するしかないというわけです。

 

とりあえず、ヨーロッパを旅行するには『日本帰国時の14日間の自主隔離撤廃・公共交通機関利用可能』になればOKです。

 

来春はロンドンとマルタ

今年いっぱいは海外渡航を我慢したら、来春は特典航空券でロンドンとマルタに行く予定です。

旅費はなんと99,000円。

燃油サーチャージなし、ロンドンの滞在費ゼロだからこそなし得る旅程かもしれません。

 

来夏は奮発するよ~

春に節約旅行をする分、来年の夏は奮発してリッチにヨーロッパ旅行をしようと思います。

f:id:eurotravellermay:20200629181847p:plain

 

航空会社はもちろんエミレーツ

大韓航空じゃないんかーい!と言われそうな予感(;^ω^)

でも、来年4月1日以降に大韓か提携航空会社の飛行機に乗るとマイル加算率が大幅にアップするから、同じビジネスクラスでも遠回りのエミレーツの方がマイルが貯まるんです。

と言ってもエコは据え置き(100%のまま)ですけど。

 

今まではエミレーツのビジでヨーロッパを往復すると20,000マイルくらい貯まっていました。

(ロンドン往復が19,000、リスボン往復が21,000でした)

175%にアップすると28,000マイルはいくのではないかと期待しています。

 

【従来の加算率】

片道8,000マイル✕1.25=10,000マイル

10,000マイル✕2=20,000マイル

 

【新しい加算率】

片道8,000マイル✕1.75=14,000マイル

14,000マイル✕2=28,000マイル

 

たとえ28,000マイル貯まったところで、手持ちの10,000マイルと足しても欧米に行けるほどではないのが残念(改悪後のマイレージシステムではエコ片道で40,000マイル必要)。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

来夏行きたい地域・国リスト 

エミレーツのビジでヨーロッパまで、安ければ24万円で行けると思います。

実際に来年5月で検索したところ24万円台~でしたし。

 

  • 仁川⇔ドバイ⇔ヨーロッパのビジネスクラスの航空券
  • 2~3週間ヨーロッパに滞在

 

これで40万切ったらいいなと思い、行きたい国をいくつかリストアップしました。

以降は私が来夏行きたい国とその国に関する情報(治安、観光、宿泊費の相場など)を思うままに綴ります。

 

プラハ(チェコ)

プラハへは2度訪問経験があります。

f:id:eurotravellermay:20200629181104j:plain

プラハ

 

しかしプラハは何度でも行きたくなるほど魅力たっぷり。

 

  • 夏でも涼しい(最高気温が30℃いくかいかないか、朝は15℃くらいでむしろ寒い)
  • 物価が安い
  • ホテルも比較的安い(Booking.comで評価9以上のホテルが一泊一万円強~)
  • 通貨がユーロじゃない(コルナだよ)
  • 治安がいい
  • 買い物が楽しめる
  • 街がかわいい
  • トラムが乗りやすくて便利
  • 食べ物はまあまあ
  • 空港から市街地まで若干遠いが、エミレーツのCなら無料送迎ありで楽
  • 地方都市に行けばもっと宿泊費を抑えられる
  • 美術館がおもしろくない(ミュシャに興味ない私が悪い)
  • 片道2時間もあれば地方都市や近隣国に気軽に行ける

 

私が泊まりたいサヴォイホテルは7泊朝食付で10万円くらい。

少し予算オーバーです。

カレル橋近くにあるきれいなアパートホテルなら一泊8,000円くらいだからそっちで妥協するかな。

 

エアビーならもっときれいで安いアパートがあります。

でもエアビーは予約時に支払で且つキャンセルしたら手数料を取られるから嫌なんです。

オーナーと英語で連絡を取って鍵を受け取らなきゃいけないのが面倒だし、物価が安い東欧ならそこそこのホテルの方が絶対いいです。

 

バルト三国(エストニアラトビアリトアニア)

ガイドブックを去年買ったにもかかわらず行けていないバルトの国。

北からエストニア、タリン、

f:id:eurotravellermay:20200629180702j:plain

タリン

 

ラトビア、リガ。

f:id:eurotravellermay:20200629180746j:plain

リガ

 

リトアニア、ヴィリニュス。

f:id:eurotravellermay:20200629180926j:plain

ヴィリニュス

夏に行っちゃおうかな。

個人的にはタリンの街並みが好き。

 

  • チェコより涼しい
  • 物価が安い
  • ホテルも安い(Booking.comで評価が8以上のいいホテルが一泊1万円しないくらい)
  • 通貨がユーロ(これ、地味にありがたい)
  • 治安はよさそう
  • 街歩きが楽しそう
  • カウナスに行ける
  • 空港から市街地までが近い国が多い
  • バルト三国は美人が多い
  • 美術館はそこそこ楽しめそう
  • 街の景観が私好みではない
  • エミレーツバルト三国に就航していないため、プラハワルシャワから更に飛ぶ必要がある(ビジ特典の無料送迎の意味がない)
  • タリンからヘルシンキに日帰り旅行すれば訪問国を稼げる

 

ギリシャ

NHK BSのチョイ住みのアテネ編を見て以来、パルテノン宮殿を部屋から見ることに憧れています。

f:id:eurotravellermay:20200629180557j:plain

アテネ

 

ギリシャに行くなら美しくて魅力的な離島も訪れたいところ。 

 

  • きっと暑い(最低気温は日本より涼しいだろうけど日中は暑い)
  • 物価はそれほど安くない
  • 通貨がユーロ
  • 治安はチェコほどよくなさそう
  • ホテルも思ったより安くない(Booking.comで評価9のホテルが一泊15,000円くらい)
  • 美術館や博物館に期待できる
  • 空港から市街地までそこそこあるがエミレーツの無料送迎を使えば問題ない
  • ギリシャ国内の移動が意外と面倒そう(新幹線や特急がない)
  • 離島(スコペロス島に行きたい)に行こうとすると移動が面倒

 

スロベニア

クロアチアのお隣にあるスロベニアは、2年前、ザグレブ滞在時に日帰りで行こうと思っていた国。

f:id:eurotravellermay:20200629180502j:plain

リュブリャナ

 

しかし長旅の疲れが出て風邪を引いてしまい、断念しました。

そのリベンジをしたいと思って早二年…いつになったら行けるかな。

 

  • 気候がよさそう
  • 治安もよさそう
  • 通貨がユーロ
  • 思ったほど物価は安くない
  • ホテルも結構高い
  • 見所がそんなにない
  • 買い物、美術館共に期待できない
  • ロンドンやパリなど、大都市からの直行便はあるが小国からはない
  • 小国から陸路で移動しようとするときつい
  • 自然より小綺麗な街が好き(第二、第三の都市レベルが好き)だから合わなそう

 

私は大都会に引け目を感じる田舎者なのです。

東京は大の苦手。

国の第二、第三の都市くらいが好き。

 

イタリアで言うならフィレンツェ

ポルトガルならポルト

チェコプラハは好きだけどチェスキー・クルムロフも好きです。

 

スロベニアは自然が魅力的。

でも一週間もいると飽きそう…というのが未だ訪問できていない理由です。

 

ボスニア・ヘルツェゴビナ

こちらもクロアチアのお隣にあるボスニア・ヘルツェゴビナ

f:id:eurotravellermay:20200629180404j:plain

サラエボ

 

ユーゴスラビアですね。

サッカーW杯ブラジル大会で初めてボスニアが出場して以来、気になっています。

 

歴史的な出来事で言えばサラエボ事件があったところ。

行ってみたいけれど気になる点がいくつかあります。

 

  • ググったら気候はロンドンと同じくらいらしい(8月は15℃~25℃くらい)
  • 物価は言わずもがな
  • 通貨は…マルク?
  • ホテルはそこそこ安いがヒルトンを始めとするいわゆるハイクラスホテルがほとんどない
  • 景観は内戦の影響が垣間見える
  • 何より治安が心配
  • 買い物や美術館は当然期待できない
  • サラエボは空港から激近!(10kmもない)
  • モスタルに行きたい

 

NHK BSで放送された、ネコ歩きのボスニア編でモスタルの街の猫を取材していました。

f:id:eurotravellermay:20200704072628j:plain

モスタル

 

こんなところで休暇を過ごせたら最高だろうな(*^-^*)

 

セルビア

ボスニアのお隣にあるセルビア

バレーボールが強いイメージがあります。

セルビアブルガリアルーマニア同様、東欧感(ロシア感)バリバリなのかと思っていたらそうでもない。 

f:id:eurotravellermay:20200704072943j:plain

ベオグラード

 

オーストリア・ハンガリー帝国寄りの景観です。 

 

  • ここも夏は涼しそう
  • 物価はもちろん安い
  • ホテル代もボスニアと同レベル
  • 通貨はディナール
  • 治安はそこそこ?
  • 空港から市街地まで10kmくらいしかなくて移動が楽そう
  • 街の規模としては小さいから長期滞在に向かない

 

セルビアいいな。

 

譲れない旅行スタイル

私のヨーロッパ旅行で譲れないのが一つの都市に一週間滞在すること。

3日や4日じゃバタバタだもの。

(去年春にマドリード4泊、ロンドン4泊、ブリュッセル2泊にしたら軽く死んだ)

短期滞在の旅程の繰り返しで「また荷造り!?」となるのがすごく嫌で。

都市間で飛行機移動するのは全然構わないのだけど、短期滞在だけは絶対に避けたい。

 

最低でも5泊はしたい派です。

一週間現地で過ごすとその街の流れや雰囲気が分かっていいんです。

 

来夏にバルト三国に行くとすると、エミレーツが就航していないから近隣国に飛んで1泊して、そこから更に飛ぶことになる。

結構バタバタだよね。

 

それなら欲張らずにプラハ5~7泊、地方都市1~2で4泊(プラハ⇔地方都市はフリックスバスで数ユーロ)、エストニアヘルシンキで7泊くらいにしようかな。

それならホテル代を20万円以下に節約できるはず。

 

ギリシャは春で気候のいいときに行くのがよさそう。

ziziさん辺りにお勧めの国を聞きたいです。

zizitabi.com

 

まとめ

行きたい国がありすぎて決められない。

 

 

外国人彼氏とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com