ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【覚書】My Little Seaside Box

今月のテーマは『Seaside』。

毎年夏のボックスはプールやらサマーやらオーシャンやら、類義語の単語が来るイメージ。

今月は雑貨が本当にショボかったです。これ、改善する気ないんだろうな。

せめて食べ物を1つか2つ入れてくれたらもう少し見栄えがいいのに。

そんなショボイ今月のボックスの中身を見てみましょう。

 

①サマータオル

タオルというより雑巾布切れですね。100円の価値もない。

f:id:eurotravellermay:20190825132934j:plain

②サマークリアポーチ

スマホのタッチパネル対応らしいけど、毎月こんなビニールポーチばっかり来ても困る。

f:id:eurotravellermay:20190825133208j:plain

③SISLEYのフィトリップツイスト1g … 2,073円相当

④SISLEYのフローラルトニックローション30ml … 1,321円相当

⑤SISLEYのエコロジカルコムバウンド12m✖2本 … 4,872円相当

f:id:eurotravellermay:20190825133313j:plain

 

計算すると③と④だけで元は取れているようです。

でもサンプルサイズでリトボ側としては一切コストかかっていないからな( ^ω^)・・・

それでこのショボさって本当何なの。

創刊当時は雑貨3点+コスメ3点だったのに、いつのまに雑貨1点+ポーチになったんだ。

安い食べ物や飲み物でいいからもっと品数 増やせ。

 

同封のブックレットには百貨店で更にサンプルを貰えるチケットがついていました。

ただしシスレーのインスタをフォローするのが条件。わー面倒臭い。

シスレーの広報は自社の宣伝方法を間違えていると思うの。

リトボユーザーがサンプルのためだけにインスタフォローしたとして、店舗に行った後にほとんどの人がフォロー外すに決まってる。もしくは未読スルー。

それじゃ長期的にブランドに興味を持ってもらえないよね。

シスレーより安くてそこそこの質のスキンケア商品なんて今やありふれている訳で、あえて高額なシスレーを選ぶ人なんて富裕層以外いないって話なんですよ。

今回のコラボボックスでシスレー側にメリットはあるのだろうか…いや、ない(反語)。