ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【化粧品で1kg】女子の化粧品多すぎ問題を解決するにはフランスのマルチ化粧品で軽量化すべし

【結論:余程敏感肌で「特定のものでないと駄目」という人以外、サンプルを持って行くか小さいボトルに詰め替える。または新しいものを現地で買う】

 

旅する女子の化粧品の重さったら…凄いですよね。

プレ化粧水(導入液)、化粧水、オイル、乳液、美容オイル(クリーム)、クリーム、日焼け止め

ここまでが基礎化粧品。それに加えてコンシーラー、化粧下地、ファンデーション、ハイライト、アイシャドウ、アイブロウ、ビューラー、マスカラ、アイライナー、チーク、口紅、グロス、ボディクリーム

ついでに化粧筆が最低2本、化粧落とし、ヘアバンド、ヘアゴも必要(^^;)

旅先でもボディケアとヘアケアを怠りたくない人はボディソープ、シャンプー、洗い流すトリートメント、洗い流さないトリートメントも。

 

「何かの呪文かよ」ってくらい女子が旅行に持って行く化粧品の数は多いのです。

何とか基礎化粧品を減らそうと努力はしてみたけど結局大荷物という女性が多いのではないでしょうか(;^ω^)

 

上記にもあるように、余程の敏感肌で「この化粧品でないと駄目なんです!」という人でなければ、1週間程度の短期旅行には基礎化粧品を小瓶に入れる、もしくは化粧品のサンプルでどうにかなります。

私の場合、マイリトルボックスを毎月頼んでいるためサンプルと化粧品が溜まりがち。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

howtogetlostineurope.hatenablog.comhowtogetlostineurope.hatenablog.com
howtogetlostineurope.hatenablog.com

先月10日間のヨーロッパ旅行に大量に持って行きましたが使いきれませんでした(;^ω^)

 

2週間以上の長期旅行の方は是非とも化粧品を現地で買ってみてください

ヨーロッパの基礎化粧品は余分な成分がほとんど入っておらず、手頃で良質なものが多いです。

日本未入荷のものや日本ではお高めのヨーロッパブランドの商品を試す機会と思って、ドラッグストアやスーパーで実際に手に取って試してから買うのもありだと思うのです。

 それでも海外製品が不安という方のために、日本でも人気のフランスの商品をご紹介します。

 

①ニュクスのプロディジューオイル

顔(フェイスケア・保湿)、髪(トリートメント)、体(ボディケア・保湿)と全身に使えます。

一つあるとマルチに使えて便利なオイルで、顔に塗るとお肌の凹凸がなくなります。

ニュクス プロディジューオイル 100ml 並行輸入品

ニュクス プロディジューオイル 100ml 並行輸入品

 

 

② アンブリオリスのモイスチャークリーム

化粧下地代わりにもなる保湿クリーム。匂いは控えめで伸びがいいです。

これを塗ると水分たっぷりのなめらかふわふわ肌になります(*´▽`*)

アンブリオリス アンブリオリス クリーム N 75ml [並行輸入品]

 

 

 ③ラロッシュポゼの保湿化粧水

グレープフルーツのような香り。2,000円位でまともな化粧水と言えばこちら。

 

これらはヨーロッパの機内・空港免税店やドラッグストアにあり日本より安く手に入ります。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

基本的に私はこの3メーカーの基礎化粧品でお肌のケアをしています(*´▽`*)

ラロッシュポゼのターマルウォーターニュクスのオイルその時にある化粧水ニュクスのオイルアンブリオリスの保湿クリームの順です。

ニュクスのオイルでサンドイッチケアするのがポイント☆

 

 他にもユリアージュやビオデルマ等、ヨーロッパでは安くていいものがたくさん!

今度またお勧めのフランスの基礎化粧品をまとめて記事にします。

ヨーロッパ旅行を機に新しい化粧品を試してみるのも楽しいですよ(*^-^*)