ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【旅行記】ドレスデンの美術館でちょっぴり怒られた話

【結論:ヨーロッパ人に怒られたのはこれが初めて。オーディオガイドを2回再生したらアカンのか】

 

日本人は人畜無害ゆえ、例え移民問題で治安が悪化していて情勢不安なヨーロッパでも入国審査は大体笑顔でしてくれたり、街中でも日本人と分かると対応がコロッと変わったりしますよね。

その度、日本人というだけで受けられる恩恵に感謝しています。

しかしドイツのドレスデンにあるアルテマイスター絵画館でことは起こりました。

ヨーロッパの人に初めて怒られたのです。

f:id:eurotravellermay:20190309123431j:plain

理由は美術館で有料で借りたオーディオガイドを同行者と2~3回ほど使い回したからです。

二人で顔を寄せ合って同時に聞いてたり、番号を押し間違えて何回か同じ解説を再生したりすることってあるよね、ドイツさん。というか皆普通に同行者と使い回してるよね。

毎回2回再生した訳ではなく、1~2つの解説をリピートしただけなのよ( ^ω^)・・・

返却するときに「あなた一人分しかオーディオガイドの支払してないのに使い回したでしょ!」とドイツ訛りの英語でガーッと言われてそのときは大層焦ったものです。

と言っても最初は「返すだけなのに何文句言われてるんだろう私( ^ω^)」とボケッと聞いていました。

しかし何回も(多分)同じことを言って憤慨している様子を見て「もしや使い回しを咎められているの?」と不安になり始めたものの、お兄さんが言っていることを100%理解していた訳ではないので顔をしかめて「What?」と言うのが精一杯でした。

その内あちらが諦めて「もういいよ。さようなら」と解放してくれたのですが、私はたかだか2ユーロのためにめちゃくちゃ怒られたことが地味にショックでした。ドイツ人頭硬すぎない?と思うのは私が高慢なのでしょうか。

 

私は日本語オーディオガイドがある美術館であれば借りて解説を聞きます。

その中で操作方法が分からなくて同じトラックを何度も再生したり、違うトラックを再生して早送りや巻き戻しをしたりって結構あるんです。もう一度聞きたくて普通に繰り返すことも。

そういう可能性だって考えられるのに目くじらを立てて凄い剣幕で怒鳴るようにして責められて、ひるんでしまいました。

自分が気を付けなければならなかった点や落ち度も勿論あって反省はしていますが、ヨーロッパ旅行で怒られたのはこれが初めてだったな( ^ω^)・・・