ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【寛げる世界遺産】京都の穴場、仁和寺の紅葉はただ美しい

紅葉の時期は激混みの京都

この時期の京都と言えば、どこも激混みですよね。

f:id:eurotravellermay:20201128223110j:plain

 

桜の時期、GW、紅葉の時期は特に人が多いことで知られる京都。

今年は外国人こそいないものの、Go Toキャンペーン成果もあり、たいへん多くの人で賑わっていました。

 

世界遺産でも穴場はある

清水寺金閣寺、東寺、嵐山、八坂神社…

いつ行ってもこれらの場所は人であふれています。

 

が、そんな京都でも人が少ない場所ってあるんです。

世界遺産が17箇所ある京都の中で、比較的人がいなくて寛げる場所。

それが仁和寺です。

f:id:eurotravellermay:20201128232326p:plain

 

広い敷地に立派な日本庭園、

f:id:eurotravellermay:20201128231225j:plain

 

歴史を感じる境内、

f:id:eurotravellermay:20201128231354j:plain

 

五重塔

f:id:eurotravellermay:20201128223831j:plain

 

なのにここは人が少ない!

仁和寺の境内では小一時間読書を楽しむとかもできてしまいます。

 

こんな趣たっぷりで素敵な寺なのになぜ人が少ないのか?

私が考える理由はこちらです。

 

  • 京都駅から離れている
  • 交通の便が悪い
  • 回りに東山や嵐山のように、気軽に行ける名所が付近にあまりない
  • 知名度が低い

 

仁和寺に観光客が少ない一番の理由は上の二つだと思っています。

まず京都駅から遠すぎる。

f:id:eurotravellermay:20201128224338p:plain

 

県外からの観光客が公共交通機関で行きやすい東山や嵐山と比べ、仁和寺は交通の便が悪すぎる。

仁和寺大好きで、京都を訪れる際はほぼ毎回行く私ですら「遠いな」「面倒だな」と億劫になるほどです。

 

かと言って市バスで行こうとしても一時間かかる。

そして、繁忙期はバスターミナルで何本もバスを待たなければなりません。

 

嵐電で行こうにも北野白梅町まで行くのが面倒。

京都駅からJRで行っても最寄り駅から20分くらい歩かなければならない…

 

仁和寺に人が集まらない理由は主にこれだと思います。

行きがこれなら帰りも同じだしね…

バスで帰ろうにも京都駅まで一時間かかるって致命的だろ、と。

 

龍安寺金閣寺もついでに行って、そこからバスに乗るならまだありかもしれませんが。

 

日本庭園を望む境内で読書もできる仁和寺

そんなハードルを越えると「流石世界遺産」と言うべき素晴らしい景色が広がっています。

f:id:eurotravellermay:20201128225240j:plain

表門

 

境内を歩くと、このような庭園が見えます。

美しいね。

個人的には龍安寺枯山水庭園より素敵だと思っています。

f:id:eurotravellermay:20201128225346j:plain

庭園

 

ここからは紅葉と落葉の絨毯をお楽しみください。

f:id:eurotravellermay:20201128225618j:plain

 

はあ、美しい。

f:id:eurotravellermay:20201128225640j:plain

 

 

境内からカメラを下に向けるとこうなります。

f:id:eurotravellermay:20201128225942j:plain

 

境内から撮影。

f:id:eurotravellermay:20201128230051j:plain

 

メインの日本庭園。

f:id:eurotravellermay:20201128230219j:plain

 

きれいな赤。

f:id:eurotravellermay:20201128230401j:plain

 

近寄ってみる。

f:id:eurotravellermay:20201128230446j:plain

 

五重塔の近く。

f:id:eurotravellermay:20201128230615j:plain

 

赤だけじゃない美しさ。

f:id:eurotravellermay:20201128230637j:plain

 

まとめ

京都の穴場、仁和寺はただただ美しい。

真夏でも涼しい仁和寺は、文庫本を持って行って小一時間読書なんてこともできちゃいます。