ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【布テープはNG】EMSでアメリカに初めて小包を送ったら

EMS初体験

先日、日本から海外にEMSで小包を送るという経験をしました。

これまでヨーロッパやアメリカから荷物を発送したことは何度もあります。

しかし日本から海外に向けて手紙以外のものを送ったのは初めてでした。

f:id:eurotravellermay:20200313141335p:plain

 

今回、アメリカに住む彼の誕生日プレゼントを郵送しました。

ファッキンコロナが猛威を振るっていなければアメリカで一緒に誕生日を祝えたのに…

旅行をキャンセルしたせいで顔を見て直接「おめでとう」を言えなくなりましたよ。

 

去年の彼の誕生日はアプリで知り合ったばかり。

誕生日を過ぎてから「そういえばこの間誕生日だったんだ」と後出しカミングアウトされて、慌てて誕生日カードを郵送したな( ^ω^)・・・

だから今年はケーキを焼いて一緒に祝おうと思っていたのに( ;∀;)

 

EMSに入れたもの

郵便物に入れたものはこちらです。

 

  • Paul Smithのシャツ
  • 釜山旅行の写真アルバム
  • 誕生日カード

 

プレゼントはすごく悩みました。

だってアメリカ在住の彼にアメリカブランドを贈ったところでしらけるし、日本だと倍近く高くて無駄遣いから。

だから贈るなら日本ブランドかヨーロピアンブランドと決めていました。

ネットで探していいなと思ったのが昔から贔屓にしているPaul Smith

イギリスブランドらしくシンプルなデザインにちょこっと捻りがある感じが好きです。

実際に買ったシャツがこちら。

f:id:eurotravellermay:20200313132826j:plain

Paul Smithのシャツ

 

胸元のシマウマ刺繍と首元のボタンが赤なのがアクセントになって可愛い(´∀`*)

f:id:eurotravellermay:20200313132921j:plain

胸元のワンポイント

 

一応デパートで他のブランドも見てみましたが、やはりPaul Smithが一番でした。

Mackingtosh Philosophyもシンプルでよかったんです。

ただワイシャツ感しかなくて、プライベートではあまり着る機会がなさそうだと思いやめました。

f:id:eurotravellermay:20191209135821j:plain

Mackintosh Philosophyのシャツ

 

Paul Smithのこのシャツは職場でもプライベートでも着られる適度なカジュアル感が絶妙です。

イメージはアメリカ版『グッド・ドクター』の主人公ショーン。

f:id:eurotravellermay:20200313133502j:plain

『グッド・ドクター』のショーン

 

白衣の下にカジュアルなシャツを合わせることが多いショーンのコーデ、好きです。

 

アルバムは以前ネットで注文して製本してもらったものです。

旅行後に写真を形に残すといつでも旅を思い出せるのがいいです。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

海外に荷物を郵送するときはしっかり補強すべし

郵送した段ボールは、辺という辺を布テープでガッチリ補強しました。

 

段ボールにガムテープを貼る方法はいろいろありますが『キの字貼り』をすると強度が増すことをご存知ですか?

f:id:eurotravellermay:20200313132350j:plain

キの字貼り

 

以前何かでそれを見て以来、私は海外に荷物を発送するときはその貼り方をしています。

他にも強度が増すガムテープの貼り方はこちらに記載されています。

hikkoshi-faq.com

 

伝票の書き方

同封したものの種類と値段を伝票にしっかり書きましたよ(*´▽`*)

郵便局のHPに伝票の記入例が掲載されていましたので引用して貼っておきます。

f:id:eurotravellermay:20200313134336g:plain

EMS伝票の記入例

 

項目ごとに日本語で書いてあるから実際説明は必要ありませんね。

 

EMSのメリット

ここからはEMSで海外に荷物を郵送することのメリットを挙げてみます。

 

  • 追跡できる
  • 中身の補償がつく
  • 航空便だから早い

 

EMSのメリットは主にこの3つ。

海外に荷物を発送するとき、遺失してしまったらという不安がつきまといますよね。

でもEMSなら宛先に届くまでバッチリ追跡できます!

自宅待機で暇な私は一日数回追跡しています(;^ω^)

 

数日前に地元の郵便局から発送し、その日の内に県内の中央郵便局に届き、昨日の早朝は関空に到着していました。

f:id:eurotravellermay:20200314135236p:plain

発想したEMSの状況

 

成田でなく関空からアメリカに飛ぶのね。

貨物便かな。

昨日の内にシカゴに到着した模様です。

彼の手元に届くまで2~3日といったところでしょうか。

 

EMSは中身の補償があるのも安心です。

もし盗難などに遭ってしまっても確か2万円くらいまでは補償してくれます。

 

また、アメリカへも一週間程度で届けてくれるのは有難いです。

船便だと3ヶ月とか平気でかかりますから。 

 

EMSのデメリット

デメリットはあまりないですが、敢えて挙げるとしたらこれかな。

 

  • 料金が高い
  • 伝票に記入することが多い

 

アルファベットで宛先や自分の住所を書くことに慣れていない人は大変かもしれません。

追跡できて中身の補償もついているなら送料が少々高くても仕方ないですけどね。

私は1kg以内で収まったので代金は2,900円でした。

アメリカのPaul Smithで買って彼の家に送るより、日本で買ってEMSで郵送した方が安かったのでそうしました。

 

布テープには気を付けろ

今回、初めて日本から海外に荷物を郵送して分かったことがあります。

それはガムテより丈夫だからと布テープでガッツリ補強したら荷物の重量がかなり増えたこと。

これ、意外でした( ^ω^)・・・

 

中身のシャツとアルバムだけなら正味400g程度だったんです。

これに段ボールの重さを足しても1kgいかないだろうとタカをくくって重量計に乗せたら1002gでした。

 

何だとΣ(・ω・ノ)ノ!

 

受付のお姉さんが「これ少し剥がしますね」と『キの字貼り』した布テープの一部をはぎ取ったらぴったり1000gになりました笑。

頑丈だからと布テープをガンガン貼ったら重くなりますよ、というのを学びました。

 

まとめ

大切な人に大事なものを送るときは多少高くついても追跡&保証がきくEMSを選ぶべし。 

 

 

外国人彼氏とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。

今週は『外国人彼氏が誕生日プレゼントに欲しいもの』です。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com