ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【全部コロナのせい】アメリカ行を前倒ししてやった~デルタ航空の対応~

ここまでのあらすじ

ここ数日、アメリカに行けるかどうか非常にモヤモヤしていました。

国際線の減便・運休、入国制限などが相次いだからです。

 

まずは大韓航空。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

全ての国際線で減便&運休措置という、前代未聞の事態に。

当初はシカゴから仁川に着いてそのまま福岡行に乗るはずでした。

しかしその便が運休、そして翌日に振替になり、仁川で一泊しなければならなくなりました。 

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

多忙だろうに親切に対応してくれた大韓航空には感謝しています。 

 

今回はデルタ航空のお話です。

f:id:eurotravellermay:20200305155656p:plain

 

今後も続くであろう減便・運休。

「乗るはずの便がなくなった!」という旅行者はもっと多くなるはずです。

そんな人のために何か役に立つ情報を与えられればと思い、記事にします。

 

デルタもきた 

そして3月5日0時にデルタも日本線の減便・運休を発表しました。

この時点では「3月中に国際線を購入した人は無料で一回だけ変更できるよ~」とのことでした。

しかし!減便・運休発表の数時間後、新たなお知らせが出ていました。

 

We realize customers have questions about the ongoing COVID-19 or coronavirus outbreak. In response, Delta will waive change fees for all flights booked between March 1-31 as well as international flights previously booked that are scheduled to fly in March.

 

 >international flights previously booked that are scheduled to fly in March.

(訳:3月より前に予約し、3月中に搭乗予定の国際線の航空券も同様に)

 

 

何ですと!Σ(´∀`;)

ついこの間までは「3月中に予約した人のみよ~」と強気に出ていたのに!

 

ということでさっそくデルタに電話。

一応、ネットで予約変更をしようとしました。

でも変更手数料が3万円かかるって表示されたから電話に切り替えました。

 

60秒につき10円かかるナビダイヤルで待たされること70分。

ようやくつながりました。

待たされている間はスピーカーフォンにしてひたすら曲を聞くだけ(;^ω^)

 

結果だけ言うと、無料で変更できました

でも、かなり前倒しのスケジュールになりました…

 

変更内容

当初予定していたフライト

変更前のフライトはこうでした。

 

3月26日(木)

成田→デトロイト(プレエコ)

デトロイト

 

3月27日(金)

デトロイトシンシナティ(プレエコ)

 

変更後

変更後はこうなりました。

 

3月9日(月)

成田→デトロイト(プレエコ)

デトロイトで4時間半待機

デトロイトシンシナティ(プレエコ)

 

フライト変更後にしたこと

デルタ便を変更したことにより、他にも多くのことを変更しなければなりません。

 

  • 予約していた地元→成田の航空券を取消 … 済
  • 地元→成田の航空券を取り直し … 済
  • デルタ、大韓、LCCのEチケットを全て印刷 … 未
  • ESTAの申請 … 済
  • tabioriに変更事項を入力 … 未
  • 急いで荷造り … 未
  • デトロイトに泊まる予定だったホテルに取消の連絡 … 未
  • 彼氏に連絡 … 済
  • 職場で書類を提出 … 未
  • はてなブログの記事を書き貯める … 未

 

最低限やらなければならないことは終わりました(;^ω^)

しかしバタバタだわ。

 

彼氏の反応

彼には事後報告をしました笑。

 

私「あのね、デルタが3月中のフライト全てを手数料なしで変更可能にしたの

彼「うん

私「それでね…何を言いたいかと言うと

彼「

私「次の月曜にそっちに行くわ

彼「…What!?

私「事後報告でゴメン

彼「Can you repeat it?

私「笑。来週の月曜に会いに行くよ

彼「Really??

 

こんな感じでした。

彼があんなに驚いた声を出すのを初めて聞きました。

 

「僕、日中は仕事で家にいないから君が暇にならないか心配だよ」と言ってくれた優しい彼。

いや、日本にいてもすることなくて状況は同じだから問題ない( ^ω^)・・・

寝るかネットするかスーパーに行くかしかしてないもんね。

 

唯一の懸念

それは私が旅立つまでにトランプが日本人の入国制限をすること。

そのときは大人しく旅行をやめるしかないです。

まあ航空券の代金も返ってくることだし、金銭的には問題ないかな。

 

まとめ

できることは全てやりました。

それにしてもサービスセンターで70分も待たされたのは過去最長記録ですよ笑。

大韓ですら20分くらいだったのに。

あと数日間、アメリカが日本人の入国制限を待ってくれるように願うしかありません。

 

追記

せっかくここまで記事を書いて予約投稿にしたのに。

昨日夕方「中韓からの来る人を全員隔離する」と政府が発表したものだから大パニック。

 

往路はトランプが入国制限をしない限りアメリカに飛べます。

問題は復路。

大韓のマイルでシカゴ→仁川→福岡。

私終わった。

 

私に残された選択肢は2つだけ。

 

  1. 返金不可の往路をノーショーで乗り切って旅行自体をキャンセルする(ペナルティはないはず)
  2. シカゴ→仁川→福岡をキャンセルし(多分手数料はかからない)シンシナティ→どこか→東京便を自費で取り直す。安いものだと6~7万円。

 

どうするかを彼氏と話し合い中です。

正規ルートで往路をキャンセルすると別途3万円かかる上に航空券代の約10万は返ってこないんですよね。

それならシンシナティ→どこか→東京で取り直す方がいいのかなと思ってみたり。

 

電話で話していてうれしかったのが「何なら4月に有給取って会いに行くよ」と言ってくれたこと。

それは予想外でうっかり泣いてしまいました。

一応6月下旬には韓国に帰国する予定らしい彼。

でも今の状況だと6月でも日韓間の行き来ができなそう…

ああもうどうしたらいいんだ。

 

とりあえず今日、大韓の出方を見て再度サービスセンターに電話します。

特典航空券をデルタ便に替えることができないか、聞いてみるつもりです。

 

 

私の前倒し作戦に心底驚いた外国人彼氏とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。

数日前に電話して「アメリカが入国制限をかけるかもしれない( ;∀;)」と話したときは「じゃあ明日にでもこっち来れば?」と彼は言っていたのに、見事な驚きっぷりでした。

gotaforeignerbfwithsmartphone.hatenablog.com