ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【ハロウィンパーティーに☆】ボンヌママンのジャムで簡単カボチャ風味マフィン

今回はハロウィンや冬の時期に温かい飲み物と一緒に食べたくなるカボチャ風味のマフィンのレシピです。

プレーンVerはこちら。

冊子掲載のレシピ通りにすると生地が硬すぎてとてもじゃないけどカップに入れられないので分量を微調整して記事を更新しました。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

焼き上がりが黄色くなってかわいいカボチャ風味のものを今回は改めて掲載します。

f:id:eurotravellermay:20191024154052j:plain

家にある材料+@で簡単に作れるふわふわの美味しいマフィンです。

f:id:eurotravellermay:20191024154200j:plain


【材料(10個分)】

▢マフィン型 … 直径6cmのものを10個程度(ダイソーの紙カップがお勧め)

▢小麦粉 … 200g

▢砂糖 … 大さじ4

▢バニラエッセンス … 2~3滴

▢塩 … 一つまみ

▢ベーキングパウダー … 11g

▢卵 … 2個

▢生クリーム … 200g~250g(植物性のものでも大丈夫です)

▢かぼちゃパウダー … 大さじ2

▢ボンヌママンのストロベリージャム … 適量

 

【作り方】

①オーブンを200度に温めておく。

 

②小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーをふるい、ボウルに入れて混ぜる。

 

③卵を溶いて生クリームを入れ、バニラエッセンスを2~3滴混ぜてから②のボウルに入れ、かき混ぜすぎないように注意して混ぜる。

 

④型に③を流し入れる。

かなり膨らむので型の6分目くらいまでで十分です。

 

⑤200℃のオーブンで15分焼く。

普通のオーブンだと200度ですが、オーブンレンジであれば220度でも大丈夫です。

 

 

このレシピは焼き上がりがすごくふわふわになります。

是非温かい内に食べて欲しいです(*´艸`*)

ジャムをつけてアフタヌーンティーでどうぞ☆

 

本来のレシピでは④のとき、生地の上にジャムをのせるようになっていますが、多くのせると生地が膨らんでジャムが落ちてきてしまいます。

そのため、ジャムは焼いた後にマフィンに直接塗って食べるか、焼く前にティースプーン1杯程度のジャムをちょこんとのせることをお勧めします。

 

上の写真のようにクリームを絞ったり、デコペンでジャックオランタンの顔を書いたりしても可愛いです。