ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【送料は安いが待ち時間が長い】ポルトガルの郵便局CTTのプチレポ

【結論:軽いものなら安いけど5キロを超えると一気に高くなるよ】

 

ポルトガルの郵便局、CTT。

f:id:eurotravellermay:20191019153904p:plain

結構軽いものであれば他のヨーロッパ諸国より安く日本に物を送れます。

f:id:eurotravellermay:20191019153948j:plain

例えばこの小包。箱は2ユーロくらいでした。

f:id:eurotravellermay:20191019154239j:plain

15cm四方ですがアメリカへの送料は4.15ユーロ。ちなみにリスボンから。

ちなみに追跡がついてこの値段です。お陰で送り先に届くまで追跡できて安心でした。

追跡をつけなければもう少し安いです。

f:id:eurotravellermay:20191019154351j:plain

ポストカードの送料は2ユーロしなかったはず。

f:id:eurotravellermay:20191019154515j:plain

 

写真はないですがアヴェイロで数キロの荷物を日本に送ったときは高くて120ユーロくらい(;^ω^)

スーツケースに入りきらなくて郵送したくて払いましたが、予想外に高くて驚きました。

 

ただしバカンス中のCTTは凄く混雑します

休暇を取っている人が多いからだと思いますが、荷物を郵送したり段ボールを購入したりするのにそれぞれ10分くらい並びました

CTTに行く際は余裕を持って、暇つぶしを用意して行くことをお勧めします。

 

 

結論。

ハガキやCTTに置いてある段ボールに入る量であればポルトガル郵便はそんなに高くない。

 

スーツケースが重量オーバーで追加料金を払わされるかどうか微妙なら事前に送ってしまう方がスッキリしますよ(*^-^*)

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

イギリスなら2キロ以下のものを20ポンドで送りたい放題です。

howtogetlostineurope.hatenablog.com

 

旅先で郵便局に行くとその街の生活感が見えて面白いです。

観光客はほぼおらず、地元の人ばかりなので「この街はこういう感じかー」と感じることができるのが郵便局巡りの醍醐味。

皆さんも旅先でポストカードを大切な人に送ってみては如何でしょう。

メールやLINEでは伝わらない気持ちを旅先から伝えるのもたまにはいいですよ。