ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【1~2時間待ちは当たり前】リスボンの28番トラムに乗りたければ早朝か夜に行け

【結論:ガイドブックに載っている、リスボン市内を回る28番トラムは観光客で激混みで1~2時間待ちは当たり前。早朝か夜に行くしかない】

 

リスボンのガイドブックに載っている有名な28番トラム。

f:id:eurotravellermay:20190928230631j:plain

私も乗りたくて始発のロシオ広場に行ったら大人気&長蛇の列でした。

f:id:eurotravellermay:20190928230714p:plain

長蛇の列って言っても30分くらいでしょ~待てる待てる~(´∀`*)

 

と、軽い気持ちで父と並んで様子を伺いました。そうしたら30分経っても

 

まあ列が進まない。

電車は一向に来ない。

一体いつになったら乗れるんだ???

 

私と父は潔く諦めました。

 

これ、時間の無駄だわ。

朝イチか夜間じゃないと無理じゃね?

 

と察し、近くに停まっていた違うトラムに乗り込みました。

折角リスボンの交通ICカードまで買って意気揚々とロシオ広場まで来たのにこれですよ。

しかもこの日は33度とこの夏一番の暑さ。

日本の夏に比べれば全然熱くなかったけど、直射日光がジリジリくる中で長時間待つのは無理でした。

このトラムに乗るのになぜこんなに時間がかかるのか、箇条書きでお教えします。

 

 

①本数自体が少ない。

私が待っている間に来たトラムは2本。15分~30分に1本しか来なかったと思います。

日本の感覚で考えるとアウト。5分毎に電車が来るだろうとか決して思ってはいけません

 

②一度に乗せる客の数が極端に少ない。

最大20人くらいはいけると思いますが、基本は立ち乗りNG椅子がある分だけ

途中で他の客を乗せることを想定し、定員ではなく15~18人程度しか乗せないのも理由の一つ。

まあこれが行列の最大の理由ですね。

 

③復路でも往路と同じ乗客がほぼ乗るため、帰りだからと言って新規の客が多く乗れる訳ではない。

これも待ち時間が長い理由の一つ。もういっそのこと片道だけの乗車にすればいいのに、こういうところは融通がきかないというか思ってもいないんだろうな( ^ω^)・・・

 

 

後日、父が一人で28番トラムに乗りに行きました。

やっぱり長蛇の列で1時間半~2時間は待ったそうです。

スマホもないのによく待ったな、父よ( ^ω^)・・・勇者と呼ぼう。

待った甲斐があり、トラムでリスボンの街並みを見ることができて楽しそうに話してくれました。

私も次にリスボンに行くときは比較的空いている時間を狙って乗りたいです。

 

話を戻して、28番の代わりに乗ったのは12番のトラム。なかなか可愛いでしょ(*´艸`*)

f:id:eurotravellermay:20190928231507j:plain

12番は短いながらもリスボン東部を回るルートで、途中海も見えて風も気持ちよかったです。

f:id:eurotravellermay:20190929014606p:plain

とりあえずトラムに乗りたいならこの12番でも充分じゃないかと思います。

28番にこだわらずどのトラムでもいいから乗ってみればいい、というのが私のアドバイスです。

お店や壁のすぐ側を通る12番のトラムもなかなか趣があってよかったですよ(*^-^*)