ヨーロッパの迷い方

海外旅行中級者のためのヨーロッパ旅行記

【頭カッチカチだよロシア人】モスクワシェレメーチエボ空港ターミナルE、ギャラクシーラウンジ

モスクワのシェレメーチエボ空港に数あるラウンジの中で、ターミナルEにあるギャラクシーラウンジの簡易レポをします。

上海行の飛行機の搭乗ターミナルはFだったのですが、タコ足状の空港だしターミナル移動に15分あれば十分だと思い、まずは豪華そうなEのラウンジに入ることにしました。

そうしたらキツそうな受付のお姉さんが私の搭乗券を見て「何でここに入るの?Fのラウンジに行かないの?もし乗り遅れても知らないわよ」と(;^ω^)

いや、あのさ、搭乗券をよく見てよ。搭乗時間まで裕に3時間あるから。

1~2時間滞在してターミナルFに行くので問題ないんだよ。お姉さん頭硬いよ。

 

そんなことがありつつギャラクシーラウンジに入室しました。

今までラウンジに関する記事をご覧になった方は何人かお気付きになったかもしれませんが、私は基本的にラウンジの写真を撮りません(;^ω^)インスタ栄えを狙って必死に写真を撮っているイタイ人に見られたくないからです。機内食は頑張って撮りますけどね。

ということでプライオリティパスの公式サイトからいつも画像を拝借しています。

が、シェレメーチエボのラウンジの写真だけ枚数ありすぎ!

他の空港は3~5枚程度のシンプルなものが多いのにギャラクシーだけで10枚って。

同じ空港のラウンジ写真がそれぞれ10枚あるて何なの。

恐ロシアの本気を見せるところ、そこじゃないから。間違ってるから。

f:id:eurotravellermay:20190430160707j:plain

入口です。

f:id:eurotravellermay:20190430160715j:plain

天井が高くて広かった。解放感があります。

f:id:eurotravellermay:20190430160749j:plain

うん、広いね。でもソファは地味系だね。

f:id:eurotravellermay:20190430160807j:plain

会議室もあったみたい。お洒落なアメリカのお仕事ドラマに出てきそうな椅子です。

f:id:eurotravellermay:20190430160833j:plain

ソファに椅子に、余り統一感がないラウンジ。

f:id:eurotravellermay:20190430160851j:plain

読み物も置いてありました。

f:id:eurotravellermay:20190430160933j:plain

テレビが何か所かありました。英語放送ではありませんでした。

f:id:eurotravellermay:20190430161011j:plain

食べ物は豊富で美味しかったです。

f:id:eurotravellermay:20190430161047j:plain

こういう子供用の部屋がラウンジにあるっていいですよね。

f:id:eurotravellermay:20190430161112j:plain

私が行ったときは結構な人数のロシア人が利用していました。

満席に近い状態で、どこに座ろうかと迷ってしまい少しの間うろつきました。

すぐ隣にスペースラウンジがあるけど航空会社やクレジットカードが違うのかな?

f:id:eurotravellermay:20190430161740j:plain

今見たらターミナルDのモスクワラウンジが一番広くて豪華ですね(;^ω^)

シェレメーチエボはタコ足状空港なのでターミナル間は5~10分あれば移動できます。

Eに降りたからって安直にギャラクシーラウンジに行かずにDのモスクワラウンジにも行けばよかった、と後悔しています;因みにFのラウンジは小規模で薄暗く、余りお勧めしません。